平成183日目

平成元年7月9日(日)

1989/07/09

【静岡県伊東市】震度5

伊豆東沖群発地震は8日夜から活動が活発化、9日午前には静岡県伊東市内の気象庁臨時観測点で震度5(強震)を初めて記録し、断続的に起きている一連の地震では初の負傷者が出た。

9日午前11時9分、直後の同11時10分、連続して伊東で震度5、網代で震度4(中震)と今回の地震で最大規模のマグチュード(M)5.5の地震が発生した。

その後も有感地震が続出するなど再び活発化した。いずれも震源は伊豆半島東方沖で、震源の深さは約10キロ。
この地震で、震源に最も近い静岡県伊東市では倒れた仏壇などで午後7時現在、老人や子供ら18人(伊東署調べ)が負傷、病院で手当てを受けるなどした。《共同通信》




【全日本女子柔道体重別選手権・48キロ級】江崎史子初段が優勝

世界女子柔道選手権(10月・ベオグラード)の最終選考を兼ねた第12回全日本女子体重別選手権は9日、東京・代々木第二体育館で7階級に各14選手が出場して行われ、注目の48キロ級は江崎史子(千葉・八千代松陰高)が決勝で52キロ級の元世界チャンピオン、山口香(武蔵大教)を破り、4年連続4度目の優勝をした。《共同通信》

【テニス・ウィンブルドン選手権】シュテフィ・グラフ選手が2年連続2度目の優勝

Embed from Getty Images

テニスの第103回ウィンブルドン選手権は9日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブでシングルス決勝を行った。降雨のため順延されていた女子は第1シードのシュテフィ・グラフ(西ドイツ)が第2シードのマルチナ・ナブラチロワを6−2、6−7、6−1で下し、2年連続2度目の優勝を果たして賞金17万1000ポンド(約3900万円)を獲得した。《共同通信》

【テニス・ウィンブルドン選手権】ボリス・ベッカー選手が3年ぶり3度目の優勝

Embed from Getty Images

テニスの第103回ウィンブルドン選手権は9日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男女シングルス決勝を行い、男子シングルスは第3シードのボリス・ベッカー(西ドイツ)が昨年優勝のステファン・エドベリ(スウェーデン)を6−0、7−6、6−4で破り、女子シングルスで2連覇を飾ったシュテフィ・グラフと合わせ西ドイツ選手による“アベック優勝”を成し遂げた。

86年に続く大会3度目の優勝。賞金19万ポンド(約4370万円)を獲得した。《共同通信》

【坂野重信自治相】「消費税は税率4%が良い」

坂野自治相が9日夜、三重県四日市市で開かれた参院選見三重選挙区の自民党候補の個人演説会で、廃止や見直し論が高まっている消費税に触れ「消費税の税率は偶数がいい」としたうえで「4%にすれば釣り銭が少なくなる」などと、税率引き上げの主張とも受け取られかねない発言をしていたことが10日、演説会出席者の話で明らかになった。

堀之内農相の女性軽視発言に続く現職閣僚の軽率発言は参院選の新たな火ダネとなりそうだ。《共同通信》

7月9日のできごと