平成10753日目

2018/06/17

この日のできごと(何の日)

【第86回ルマン24時間】トヨタが初優勝

自動車の耐久レース、第86回ルマン24時間は17日、フランス西部ルマンのサルテ・サーキット(1周13・626キロ)で決勝のゴールを迎え、トヨタは中嶋一貴らが運転した8号車が優勝、小林可夢偉組の7号車が2位となり、上位を独占した。トヨタは挑戦20度目で初優勝。日本車の優勝は1991年のマツダ以来で日本人ドライバーが運転する日本車がルマンを制したのは初めて。

<

ハイブリッド車2台で臨んだトヨタは予選で1、2位を独占。16日に始まった決勝では一度も首位を譲ることなく、8号車は388周を走り切った。3位は376周という圧倒的な内容で「完全優勝」を果たした。

ルマン24時間は1台の車を3人のドライバーが昼夜を徹して乗り継ぎ、その走行距離を競う。F1のモナコ・グランプリ(GP)、米国のインディ500とともに世界3大レースと呼ばれている。《朝日新聞》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【東北新幹線】停電で緊急停車

17日午後1時55分頃、仙台市の仙台―古川間を走行中の東北新幹線下り「はやぶさ・こまち21号」で停電が発生し、緊急停車した。停電はすぐに復旧したが、車両を動かすことができず、午後7時15分頃まで現場に停車した。このトラブルで、東北、秋田、山形の各新幹線は、午後7時40分まで約5時間45分にわたって全線で運転を見合わせた。

JR東日本によると、この影響で、上越、北陸新幹線を含めて計25本が運休、154本が最大約5時間20分遅れ、約15万1000人に影響した。

はやぶさ・こまち21号の乗客約800人は、横付けされた上り列車に午後5時過ぎまでに乗り換え、仙台駅に運ばれた。けが人などはいなかった。

同社によると、はやぶさ・こまち21号の12号車のパンタグラフ周辺に、何かがぶつかり、焦げた跡があった。また、現場付近で鳥の死骸が発見されており、同社は、鳥が接触したことがきっかけでトラブルが起きた可能性があるとみて調べている。《読売新聞》

【群馬県渋川市】震度5弱

観測した。気象庁によると、震源の深さは14キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4・6と推定される。同県を震源とする地震で震度5弱以上を観測したのは、同庁に統計が残る1923年以降で初めて。

同庁によると、東西の両方向から圧力がかかり、地盤が上下にずれる「逆断層型」の地震が前橋市の直下で起きたとみられる。同庁は「特に今後2、3日は同規模の地震に注意をしてほしい」としている。《読売新聞》

【高校バスケ】留学生が審判殴る

長崎県大村市で17日に開催された全九州高校バスケットボール競技大会の男子準決勝で、延岡学園(宮崎県延岡市)の留学生選手が、審判の男性(20歳代)の顔を殴っていたことが明らかになった。大会主催者の長崎県教委によると、審判は病院に運ばれ、口の中を切って10針縫うけがをした。

九州高体連などによると、延岡学園は福岡大大濠(福岡市)と対戦。リードされていた試合終了間際、ファウルを宣告された留学生選手が、右手で審判の左顔面を殴った。留学生は「判定に納得いかなかった」と話しているというが、長崎県警大村署で審判に謝罪した。準決勝は没収試合となり、決勝には福岡大大濠が進んだ。

延岡学園は2011年に高校総体と国体、全国高校選抜優勝大会の3冠、12年にも国体を除く2冠を達成したバスケの強豪。学校で報道陣の取材に応じた佐々木博之教頭は、「関係者に申し訳ない気持ちしかない」と陳謝した。すでに出場権を得ている今夏の全国高校総体に出場するかどうかは、今後検討するという。《読売新聞》

【至学館大】栄監督を解任

日本レスリング協会の栄和人・前強化本部長(57)が伊調馨選手(ALSOK)にパワーハラスメントを行っていた問題で、至学館大(愛知県大府市)の谷岡郁子学長は17日、栄氏を同大レスリング部監督から解任すると発表した。

栄氏は14日に記者会見を開いて謝罪したが、谷岡学長によると、栄氏に全日本選抜選手権に出場した学生のセコンドにつくよう指示したが守らず、試合中に外出するなど監督として不適切な行動があった。谷岡学長は「反省が見えない。指導者としてふさわしくない」と説明。後任監督は、同大副学長でレスリング部の指導も行っている吉田沙保里選手らと協議して決める方針という。

また谷岡学長は、伊調選手以外の同大出身の選手に対しても、栄氏が過去に不適切な発言を行ったと公表し、5月下旬に栄氏を減俸の懲戒処分としていたことも明らかにした。《読売新聞》



6月17日 その日のできごと(何の日)