平成10469日目

2017/09/06

【民進党・前原誠司代表】共産党との選挙協力見直しを指示

9月6日のできごと(何の日)

民進党の前原誠司代表は6日、次期衆院選の選挙協力を盛り込んだ共産党などとの4党合意について見直すよう執行部に指示したと記者団に明らかにした。代表就任後の初の国政選挙となる10月22日投開票の衆院3補欠選挙が試金石となる。

前原氏は6日午後、訪問先の広島市で記者団に野党共闘について「5日の執行役員会で是非を含めて見直すよう指示した。議論を進めて成案を得たいと考えている」と語った。

民進、共産、自由、社民の野党4党の党首による6月の合意文書では、次期衆院選の選挙協力について「協議を加速させ、4野党が協力して候補者調整を行い、一致したところを順次発表する」と明記している。

一方、前原氏は広島市で開かれた電力総連の大会での演説で「『安倍政権下での憲法改悪の議論には応じない』では話にならない。ビジョンを示し、説得力ある論議を行うことが求められている」と強調した。《産経新聞》



【元神戸市議・橋本健氏】政活費の不正認める

政務活動費(政活費)の問題が発覚し8月に神戸市議を辞職した橋本健氏(37)が、所属していた自民党会派の調査に対し、政活費の不正を「全て認める」と回答したことが6日、分かった。会派が明らかにした。捜査関係者によると、橋本氏は神戸地検に連絡を取り、6日に出頭。地検は同氏を任意聴取した。市議会は6日、橋本氏の問題を巡り各会派の代表者会議を開催。自民党会派が、調査結果を報告した。

橋本氏を巡っては、8月に週刊新潮が、自身の市政報告チラシを印刷業者に架空発注し、政活費を受け取ったとの疑惑を報道した。週刊新潮は、自民党の今井絵理子参院議員との交際も報じていた。《共同通信》

【安倍晋三首相】ロシアへ

安倍晋三首相は6日昼、ロシアのプーチン大統領と会談するため、ロシア極東ウラジオストクに向け政府専用機で羽田空港を出発した。7日の首脳会談では、北方領土での共同経済活動の具体化を巡り協議し、対象事業を海産物の養殖や温室野菜栽培、観光、風力発電の導入、ごみの減容対策―の5項目に絞り込むことで合意する見通しとなった。日ロ外交筋が明らかにした。今回の会談を踏まえ、事業の具体化を目指して10月にも2度目の現地調査を実施する方向で調整している。

核実験を強行した北朝鮮対応についても協議。滞在中は韓国の文在寅大統領とも会談する。《共同通信》



9月6日のできごと