平成8995日目

2013/08/24

【スノーボードW杯HP】14歳の平野歩夢選手が初出場で優勝

Embed from Getty Images

スノーボードのワールドカップ(W杯)ハーフパイプ(HP)の開幕戦は24日、ニュージーランドのカードローナで決勝が行われ、男子はW杯に初めて挑んだ14歳の平野歩夢(バートン)が1回目に92・25点をマークし、初優勝を果たした。

1月の世界選手権で銀メダルを獲得した17歳の平岡卓(フッド)が91・75点で2位に入り、子出藤歩夢(日体大)は4位だった。藤田一海(西条ク)は準決勝で敗退し、17位だった。出場予定だった冬季五輪2連覇中のショーン・ホワイト(米国)は前週に現地で行われたスロープスタイル開幕戦の練習で負傷し、エントリーしなかった。《共同通信》




【島根県西部豪雨】3万6000人に避難勧告

山陰沖から北陸に延びる前線の活動が活発になり、24日午前、島根県西部を中心に記録的な大雨が降った。県などによると、土砂崩れが相次ぎ、1人が行方不明になった。午前9時半までに、同県の江津市、邑南町、川本町の計約1万4千世帯、約3万6千人に避難勧告が出た。

気象庁は、島根県西部は重大な災害の危険性が高まった場合に30日から発表を始める「特別警報」に相当するとして、「直ちに命を守る行動を」と呼び掛けた。《共同通信》

【 DREAM新幹線】九州新幹線貸し切りで恩師の退職祝い

福岡県豊前市立千束中学校の卒業生が、恩師の木原純子さん(60)の定年退職を祝おうと企画した九州新幹線の貸し切り列車が24日、博多駅から鹿児島中央駅まで運行し、約1時間半の道中、かつての教師と教え子が思い出話に花を咲かせた。

JR九州が九州新幹線鹿児島ルートの全線開通2周年を記念し公募した「ドリーム九州新幹線」。1539件の応募から、豊前市の自営業末延道尚さん(31)のアイデアが採用され、20〜40歳代になった木原さんの教え子やその家族約260人が乗車した。

千束中の校歌が車内に流れる中、列車は博多駅を出発。車掌の制服を着た木原さんが乗客の切符を確認して回ると、電光掲示板に「先生の優しさと厳しさが今ようやく分かりました」「長い間お疲れさまでした」などのメッセージが流れた。コッペパンやいちごジャムの「給食」を楽しみ、元生徒代表が木原さんに「卒業証書」を手渡した。

鹿児島中央駅に着いた木原さんは「人生の中でこんな主役になることなんてなかった。身に余る光栄です。教師冥利(みょうり)に尽きる」と感激した様子。末延さんも「学年を越えて多くの人が集まってくれたことに感謝したい」と笑顔を見せた。《西日本新聞》

【安倍晋三首相】中東歴訪へ出発

安倍晋三首相は24日午前、ペルシャ湾岸のアラブ6カ国でつくる湾岸協力会議(GCC)加盟国のうちバーレーン、クウェート、カタールと、アフリカ東部ジブチの計4カ国歴訪に向け、羽田空港を政府専用機で出発した。原油や天然ガスの供給国であるGCC諸国との関係を強化し、資源の安定確保を図る狙いだ。

ジブチではソマリア沖アデン湾で海賊対処活動を行う自衛隊の拠点施設を訪れ、隊員を激励する。

出発に際し「包括的な関係を強化していきたい。成長著しい湾岸諸国にトップセールスを行っていきたい」と羽田空港で記者団に語った。《共同通信》

【安倍晋三首相】バーレーン・ハリファ首相と会談


http://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は24日午後(日本時間同日深夜)、バーレーンのハリファ首相との会談で、中東地域の安定に日本が一層の政治的な役割を果たす方針を表明した。ハリファ首相は、東京電力福島第1原発事故を理由に実施していた日本からの食品輸入規制を撤廃すると明言した。安倍首相は謝意を伝えた。

両首脳は、日本とペルシャ湾岸のアラブ6カ国でつくる湾岸協力会議(GCC)の閣僚級による戦略対話再開で一致。9月にニューヨークで開かれる国連総会に合わせて戦略対話を行うことを確認した。

製油所や下水処理などのインフラ開発に関する協力拡大でも合意した。《共同通信》

【土橋正幸さん】死去

東映(現日本ハム)で投手として活躍し、ヤクルトや日本ハムで監督を務めた土橋正幸(どばし・まさゆき)氏が、24日午後10時56分、筋萎縮性側索硬化症(ルー・ゲーリッグ病)のため東京都内の病院で死去した。77歳だった。

軟式チームでプレーした同氏は55年、入団テストを経て東映入り。58年に日本記録の9連続三振、61年には30勝を挙げ、62年には日本シリーズでMVPを獲得。引退後も指導者として人材を輩出するなど、球界に数々の功績を残した。《日刊スポーツ》

8月24日/のできごと