平成10073日目

2016/08/06

【リオ五輪・競泳】萩野公介選手が金、瀬戸大也選手が銅

Embed from Getty Images

リオデジャネイロ五輪第2日(6日)競泳決勝は男子400メートル個人メドレーで萩野公介が4分6秒05の日本新記録で優勝し、今大会の日本選手団で第1号となる金メダルを獲得した。個人メドレーでの金メダルは日本競泳の五輪史上初めて。瀬戸大也は銅メダル。《共同通信》

【リオ五輪・柔道】近藤亜美選手、高藤直寿選手が銅メダル獲得

2階級が行われ、女子48キロ級の21歳、近藤亜美(三井住友海上)が3位決定戦でムンフバット(モンゴル)に優勢勝ちし銅メダルを手にした。準決勝では優勝したパレト(アルゼンチン)に敗れた。

前回ロンドン大会で金メダルなしだった男子は60キロ級の高藤直寿(パーク24)が3位決定戦でサファロフ(アゼルバイジャン)に優勢勝ちし、銅メダルを獲得した。ムドラノフ(ロシア)が優勝した。《共同通信》

【リオ五輪・重量挙げ】三宅宏実選手が銅メダル獲得

女子48キロ級が行われ、ロンドン五輪銀メダルの三宅宏実(いちご)が3位に入り、2大会連続でメダルを手にした。重量挙げの日本女子で複数のメダル獲得は初めて。《共同通信》




【尖閣諸島】中国の公船6隻、漁船230隻

外務省は6日、中国海警局の公船6隻が同日午前8時5分頃、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域を航行しているのを確認し、在日中国大使館の公使に抗議したと発表した。公船の周辺では中国漁船230隻が操業し、漁船の一部が接続水域内に入っていることも確認された。

同省によると、公船6隻のうち3隻は機関砲のようなものを搭載している。尖閣周辺の領海や接続水域には中国公船が定期的に進入しているが、最近は3隻程度のことが多かった。日本政府が2012年9月に尖閣諸島を国有化した直後には、6隻が尖閣周辺の領海に入った例などがある。《読売新聞》

【広島市】平和記念式典

広島は6日、71回目の原爆忌を迎えた。

広島市中区の平和記念公園で午前8時から、平和記念式典(原爆死没者慰霊式・平和祈念式)が開かれ、参列者約5万人が犠牲者を悼み、平和への誓いを新たにした。松井一実市長は平和宣言で、今年5月に現職で初めて広島を訪問したオバマ米大統領の声明の一部を引用し、核兵器廃絶へ、情熱を持ち、世界が連帯して行動を起こすよう呼びかけた。

式典には、被爆者や各都道府県遺族代表、安倍首相のほか、海外から被爆70年だった昨年の100か国に次ぐ91か国と欧州連合(EU)代表部の代表が出席。核保有国は米英仏露などで、米国はロバート・ラプソン政務担当公使が臨時代理大使として出席した。《読売新聞》

8月6日/のできごと