平成10011日目

2016/06/05

【全仏テニス】ノバク・ジョコビッチ選手が初優勝

Embed from Getty Images

テニスの四大大会第2戦、全仏オープン最終日は5日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのアンディ・マリー(英国)を3―6、6―1、6―2、6―4で破って初優勝し、史上8人目の四大大会全制覇を達成した。

29歳のジョコビッチは四大大会12勝目。昨年のウィンブルドン選手権からの四大大会4連勝は史上3人目の快挙となった。優勝賞金200万ユーロ(約2億4200万円)を獲得した。《共同通信》




【京都府警】乳首おじさん逮捕

電車の中で下半身を露出したとして、京都府警城陽署は5日、公然わいせつの疑いで、京都府精華町、滋賀県栗東市職員、F容疑者(33)を逮捕した。F容疑者は近鉄電車の車内で、女性をみながら自分の胸を触る様子が何度も目撃されており、ネット上で「乳首おじさん」として話題になっていた。

逮捕容疑は、5月21日午後6時45分ごろ、近鉄京都線の富野荘-寺田間を走行中の普通電車のなかで、女子高校生らの前で下半身を露出したとしている。《産経新聞》

【レッドブル・エアレース】室屋義秀選手が初優勝

「空のF1」とも呼ばれる小型プロペラ機によるレッドブル・エアレースが行われ、唯一の日本人パイロットの室屋義秀(43)が日本人で初めて優勝した。エアレースは最高時速370キロに達する飛行機で、旗門を通過しながら速さを競う。今大会には14人が参加。室屋は1対1で対戦する1回戦、準決勝を勝ち抜き、4人で争う決勝で最速の1分4秒992をマークした。《日刊スポーツ》

【日本ハム・大谷翔平投手】163キロをマーク

プロ野球・日本ハムの大谷翔平投手(21)が、5日に東京ドームで行われた巨人戦でプロ野球最速となる163キロの直球を投じた。 「5番・投手」で出場した大谷投手が四回一死満塁のピンチで巨人のルイス・クルーズ選手(32)へ投じた4球目が、球場球速表示で「163」をマーク。クルーズ選手がファウルにしたものの、ファンから歓声が上がった。

試合は日本ハムが6―2で勝利し、大谷投手は2失点完投で勝利投手に。試合終了後のヒーローインタビューで記録更新を知ったという大谷投手は、「ファウルにされたので、そんなに手応えはなかった」と冷静に振り返り、「もっともっと投げられるように頑張りたい」と話した。《読売新聞》

【体操・白井健三選手】五輪代表に選出

リオデジャネイロ五輪の最終選考会を兼ねた体操の全日本種目別選手権は最終日の5日、東京・国立代々木競技場で各種目の決勝が行われ、男子は19歳の白井健三(日体大)が初の五輪代表に選ばれた。ロンドン五輪代表の田中佑典(コナミスポーツ)と山室光史(同)も代表入りし、決定済みだった内村航平(同)と加藤凌平(同)を含めて5人の代表が出そろった。《毎日新聞》

6月5日/のできごと