平成9280日目

2014/06/05

【この日の安倍総理】

ロシア、中国をけん制

ベルギーの首都ブリュッセルで開かれていた先進7か国首脳会議(G7サミット)は5日午後(日本時間同日夜)、ウクライナのポロシェンコ次期政権への支持やロシアへの非難を盛り込んだ首脳宣言を採択して閉幕した。

6月5日のできごと(何の日)【安倍晋三首相】ロシア、中国をけん制
https://www.kantei.go.jp/

安倍首相は5日午前の討議で、東アジア情勢が緊迫している現状を説明し、中国を念頭に力を背景にした現状変更は許されないとの認識を示して理解を得た。各国首脳はエネルギー確保の多角化を進めることでも一致した。

安倍首相はサミット閉幕後の記者会見で、「ウクライナでも、アジアでも、地域の秩序に挑戦するような拡張主義は断固容認できない」と強調。クリミアを編入したロシア、東・南シナ海で一方的な海洋進出を行っている中国を強くけん制した。首脳宣言にはこうした首相の主張を反映して、「航行・飛行の自由」国際法順守の重要性が盛り込まれた。《読売新聞》

イタリア入り

安倍晋三首相は5日夜(日本時間6日未明)、イタリア・ローマ郊外のレオナルド・ダビンチ国際空港に政府専用機で到着した。6日午後(日本時間同日夜)にレンツィ首相と会談し、日本とEUの経済連携協定(EPA)早期締結に向けて協力することを確認する。

ウクライナ情勢をめぐり、力による現状変更の試みに反対する方針で一致する見通し。安倍首相は自らが掲げる「積極的平和主義」を説明し、理解を得たい考えだ。

首脳会談に先立ち、バチカンでローマ法王フランシスコと会談する。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【おおすみ衝突事故】海自艦長らを書類送検

広島県大竹市沖で1月、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」(8900トン)と釣り船が衝突し、2人が死亡した事故で、広島海上保安部は5日、両船とも見張りが不十分だったなどとして、業務上過失致死傷と業務上過失往来危険の疑いで、おおすみ艦長の2等海佐(52)と当直士官だった航海長の2等海尉(33)、死亡した釣り船の船長=当時(67)=を書類送検した。船長は容疑者死亡で不起訴になる見通し。

広島海保によると、おおすみ側は釣り船に対する見張りが不十分で、釣り船側も周囲の見張りを怠り、いずれも適切な操船を行わなかった疑いがある。《共同通信》

【日本航空】システム障害8時間、174便欠航

日本航空は5日、システム障害による国内線の欠航が午後9時までに174便となり、約1万4000人に影響が出たと発表した。宮崎―伊丹線で最大4時間17分遅れるなど、国内線・国際線ともに多数の遅延も生じた。同日午前9時15分ごろ、航空機の重量バランスを管理するコンピューターシステムに障害が発生。システムは午後5時ごろに復旧したが、運航ダイヤが乱れているため、一部の便で遅延が終日続く見込み。《ロイター》

【日本維新の会】片山虎之助氏は橋下グループに

日本維新の会は5日午後、石原慎太郎共同代表のグループと橋下徹共同代表のグループに「分党」した後、衆参両院62議員がどちらに所属するかを確定させる。態度未定だった片山虎之助参院議員団会長は記者会見で、橋下氏と行動を共にする考えを表明。林原由佳衆院議員(比例近畿)は同日付のブログで無所属になると明らかにした。

西岡新・衆院議員(比例四国)に続き、無所属になるのは2人目。アントニオ猪木参院議員は現時点で未定としている。

所属確定に伴い、石原氏側は5日夕、新党準備会の初会合を開催。橋下氏側も夜に会見する。《共同通信》

【独サッカー・ケルン】大迫勇也選手の獲得を発表

サッカーのドイツ1部リーグに復帰するケルンは5日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の日本代表FW大迫勇也(24)を2部リーグの1860ミュンヘンから獲得したと発表した。契約期間は2017年6月末までの3年で、移籍金など条件は非公表。

大迫は「ドイツ1部は世界最高リーグの一つ。そこで自分が成長できると確信している。W杯前に移籍が決まってほっとしている」とクラブを通じて談話を出した。1月にJ1鹿島から1860ミュンヘンに移籍した大迫は、2部の15試合に出場して6得点の活躍。ケルンには専大から加入したMF長沢和輝も在籍している。《共同通信》

【ブラジル】W杯直前に地下鉄スト

サッカー・ワールドカップ(W杯)開幕を直前に控えたブラジルの最大都市サンパウロで5日、地下鉄や郊外電車の一部従業員が賃上げを求めてストライキ入りし、地元メディアによると、通勤客ら約460万人の足に影響が出た。

ストは無期限の予定で、W杯の観戦客に影響が出る可能性もある。一部従業員は勤務を続けており、部分運行しているが、ストに反発した乗客らが駅施設を破壊するなどの騒ぎがあった。

また、ブラジル最大手TAM航空を傘下に置くLATAM航空グループの労働組合は4日、ブラジル国内線の運航に関わる従業員を含む南米各国の社員が15日までの間に、48時間の時限ストを行う可能性を表明。大会中にストが実施されれば、観戦客らの混乱は必至だ。

W杯は12日にサンパウロでの開幕戦を皮切りに7月13日まで行われる。《共同通信》

【米・オバマ大統領、英・キャメロン首相】会談

欧州歴訪中のオバマ米大統領は5日、ブリュッセルでキャメロン英首相とウクライナ情勢などをめぐり会談し、ロシアが1カ月以内にウクライナ次期大統領を承認し同国東部での不安定化の動きを止めなければ、基幹産業を対象にした分野別の本格的な制裁を科す必要性があるとの認識で一致した。両首脳が会談後の記者会見で明らかにした。

キャメロン氏が6日にフランスで行うロシアのプーチン大統領との会談で、この方針を伝える。今後はプーチン氏の対応に加え、欧州内で足並みをそろえられるかどうかも焦点となる。《共同通信》



6月5日 その日のできごと(何の日)