平成9219日目

2014/04/05

【この日の安倍総理】

百貨店で買い物

安倍首相は5日午前、東京・日本橋室町の日本橋三越本店を訪れ、消費税率引き上げの影響を視察し「上がった消費税は社会保障に生かしていきたい」と述べ、増収分は社会保障財源に充てると強調した。景気の落ち込みが懸念される中、自ら率先して買い物をし、国民に消費を促す狙いもある。


https://www.kantei.go.jp/

同店に公用車で到着した首相は、書店に入り時代小説や経済に関する書籍計6冊(計8776円)を購入し、財布から1万6円を支払い、店員から1230円のおつりを受け取った。

その後、カジュアルシューズやレトルトカレー、ヨーグルト、つくだ煮などを買い求め、書籍を含めて計3万9955円分の買い物をした。《共同通信》

米・ヘーゲル国防長官と会談


https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は5日、ヘーゲル米国防長官と首相公邸で約40分間会談した。首相は、中国の海洋進出や北朝鮮の核・ミサイル開発などを念頭に「米国がアジア太平洋重視政策(リバランス)を堅持していることを歓迎する」と表明。両氏は日米同盟を一層強化していくことで一致した。

首相は集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈変更を検討していることを説明し、ヘーゲル氏は「歓迎する」と述べた。《毎日新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【三陸鉄道・南リアス線】運行再開

東日本大震災で全線不通となった岩手県の第三セクター「三陸鉄道」の南リアス線(盛ー釜石、36.6キロ)が5日、最後に残った不通区間の吉浜ー釜石(15キロ)で運転を再開。震災から3年余りで全線が復旧した。

6日には北リアス線(71キロ)の不通区間(10.5キロ)も再開し、観光の中心を担う鉄路が完全復旧する。《毎日新聞》

【みんなの党・浅尾慶一郎幹事長】代表の8億円借金問題「けじめつける」

みんなの党の浅尾慶一郎幹事長は5日、渡辺喜美代表の8億円借り入れ問題に関し「説明責任を果たす。けじめをつけて反転攻勢をする」と述べ、早急に結論を出す考えを示した。渡辺氏の進退問題について「沈静化させることを考えなければいけない。いろいろな可能性がある」と語った。15日を予定している内部調査結果公表の前倒しも検討する意向だ。

横浜市での講演などで語った。

浅尾氏は、代表辞任要求が拡大した党内情勢をめぐり、渡辺氏と近く会談する意向を示した。時期については「代表の体調もあるので断定的に言えない」とした。《共同通信》

【日本維新の会】結いと参院統一会派結成へ

日本維新の会は5日、東京都内の国会議員団本部で執行役員会を開き、結いの党と参院統一会派結成に向けて協議する方針を決めた。時期などの判断は片山虎之助参院議員団会長に一任した。結いの党の江田憲司代表も参院での統一会派に前向きな意向で、実現すれば参院で民主党に次ぐ野党第2勢力となる。

役員会では、結いの党との合流協議を推進する方針で合意した。ただ、これに批判的な石原慎太郎共同代表らに配慮し、民主党などほかの野党を含めた再編を目指す活動の一環としての位置付けも確認した。

石原氏は役員会で「聞いていない」と発言したが、合流に積極的な橋下徹共同代表が説得した。《共同通信》

【自民党・石破茂幹事長】集団的自衛権「地球の裏側排除せず」

自民党の石破茂幹事長は5日のテレビ東京番組で、集団的自衛権行使を容認した際の自衛隊の活動範囲について、限定すべきではないとの考えを示した。「地球の裏まで行くことは普通考えられないが、日本に対して非常に重大な影響を与える事態であれば、行くことを完全に排除はしない」と述べた。

行使の対象国をめぐり、日本近海で米国などの各国艦隊が活動している場合を例示し、「米国が攻撃を受けたときだけは助け、ニュージーランドが攻撃を受けた場合は沈んでから助けるということでは済まない」と述べ、米国に限定されないとの考えを示した。《共同通信》

【中国】北京で趙紫陽氏の追悼会

中国で祖先を供養する伝統的な祭日「清明節」を迎えた5日、1989年の天安門事件に絡み失脚した改革派、故趙紫陽元共産党総書記の追悼会が北京市の自宅で開かれた。

今年は事件から25年に当たり、民主活動家らの間で趙氏の名誉回復を求める声が高まっている。ただ中国政府は事件に注目が集まることを強く警戒。著名市民活動家の胡佳氏は短文投稿サイト「ツイッター」で趙氏の自宅訪問を当局に阻止されたことを明らかにした。

追悼会には趙氏の親族や元部下、趙氏を慕う市民ら約50人が参加し、書斎に設けられた祭壇に花を手向けた。《共同通信》

【メコン川流域4国】首脳会議

ベトナムやラオスなどメコン川流域4カ国で構成する「メコン川委員会」の第2回首脳会議が5日、ベトナム南部ホーチミンで開かれ、メコン川本流へのダム建設がもたらす悪影響などに関する研究調査を促進し、生態系や水資源、食糧生産などへのリスク回避に優先的に取り組むとした「ホーチミン市宣言」を採択した。

近隣国への電力売却で経済成長を目指すラオスは2012年、同委員会の合意を破る形で本流に水力発電用の「サイヤブリダム」を着工。農業や漁業への影響を恐れる下流のベトナムとカンボジアが強く反発している。《共同通信》

【タイ】政権支持派が大規模集会

政治混乱が続くタイで、インラック政権を支持するタクシン元首相派の団体「反独裁民主統一戦線(UDD)」が5日、全国から集結し、首都バンコク郊外の主要道路を占拠、大規模集会を開いた。治安当局は、反政府派との衝突や発砲などを懸念、警官や兵士3千人以上を動員して警戒に当たった。

最大野党の民主党などが司法攻勢を強め、インラック首相はコメ買い上げ政策で国家汚職追放委員会の捜査を受けているほか、国家安全保障会議人事をめぐり憲法裁判所が違憲性を審議中。結果次第では退陣に追い込まれるため、政権支持派には大規模集会を開いてけん制する狙いがある。《共同通信》

【アフガニスタン】兵士や市民20人死亡

アフガニスタンのダウドザイ内相は5日、大統領選の投票が終了した同日夜までの24時間にアフガン全土で反政府武装勢力との衝突に関わった兵士や警官16人と、攻撃に巻き込まれた市民4人の計20人が死亡したと発表した。負傷者は40人以上に上った。

ダウドザイ氏は、この間の治安当局に対する攻撃が140件あり、武装勢力のメンバー89人を殺害したとしている。

一方、選挙管理委員会は、最終的な投票総数が700万人以上に上る可能性があるとの見方を示した。

暫定結果は今月24日、最終結果は5月14日に発表される予定。《共同通信》



4月5日 その日のできごと(何の日)