2014 平成26年1月16日(木)

平成9140日目

2014/01/16

【第150回芥川賞、直木賞】選考会

第150回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は小山田浩子さん(30)の「穴」(「新潮」9月号)に、直木賞は朝井まかてさん(54)の「恋歌」(講談社)と姫野カオルコさん(55)の「昭和の犬」(幻冬舎)の2作に決まった。

小山田さんは広島市生まれ、同市在住。広島大を卒業後、編集プロダクションなどで働いた。2010年に「工場」で新潮新人賞を受け、同作を収録した単行本が織田作之助賞に決まった。受賞作は、夫の実家の隣に移り住んだ主婦の視点で、奇妙な日常を描いた。《共同通信》

広告




【熊本・慈恵病院】ドラマ「明日ママがいない」を批判

芦田愛菜(9)主演で、15日にスタートした日本テレビ系「明日、ママがいない」(水曜午後10時)に物言いがついた。親が育てられない子どもを匿名で受け入れる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を設置する熊本市の慈恵病院が16日、児童養護施設が舞台の同作について「養護施設の子どもや職員への誤解偏見を与え、人権侵害だ」として、放送中止を申し入れると明らかにした。

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会への審議の申し入れも検討している。同作の第1話では、芦田が演じている「赤ちゃんポスト」に預けられた女児に「ポスト」というあだ名が付けられており、慈恵病院は「預けられた子どもを傷つけ、精神的な虐待、人権侵害になる」と批判した。《日刊スポーツ》

【静岡・浜松市】905人の児童が食中毒症状で欠席

浜松市は16日、同市内の市立小学校14校で児童905人、学校職員41人の計946人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴えて欠席したと発表した。入院に至ったケースはなく、重症の患者はいないとみられる。

同市によると、同日午後6時現在で児童5人からノロウイルスの陽性反応が確認された。市ではノロウイルスによる感染症の疑いが強いとみて、学校への立ち入り調査を行い、感染経路などを調べている。《産経新聞》

【新潟県・泉田裕彦知事】東電を厳しく批判

新潟県の泉田裕彦知事は16日、東京電力の広瀬直己社長との会談で、政府の認定を15日に受けた東電の新しい総合特別事業計画(再建計画)について、「モラルハザード(倫理観の欠如)の計画だ」と厳しく批判した。

知事の不信感は根強く、再建計画が前提とした柏崎刈羽原発の再稼働の困難さがあらためて浮き彫りになった。関係改善は見通せない状況だ。広瀬社長は会談後、記者団に対し、同原発の再稼働の見通しについて「時期をうんぬんできるタイミングではない」と述べた。《共同通信》

【安倍晋三首相】公明党・山口代表と会談、舛添氏支援で一致

安倍晋三首相と公明党の山口那津男代表は16日、官邸で会談し、東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に立候補を表明した舛添要一元厚生労働相(65)を支援する方針で一致した。同じく出馬予定の細川護熙元首相(76)の陣営では、小泉純一郎元首相に続き、民主党の野田佳彦前首相や、脱原発を主張する菅直人元首相がブログで細川氏を支援する考えを相次いで表明した。

脱原発や2020年東京五輪への準備、防災対策強化を争点とする首都のリーダー選びは告示まで1週間となり、各陣営は選挙準備を加速した。安倍首相は会談で山口氏に「協力して取り組もう」と呼び掛け、賛同を得た。《共同通信》

【小野田寛郎さん】死去

戦争が続いていると信じフィリピン・ルバング島に30年間任務を続けた元陸軍少尉で、ボランティアなどを養成する「小野田自然塾」理事長の小野田寛郎さんが16日午後4時29分、肺炎のため都内の病院で死去したことが17日、分かった。91歳だった。葬儀・告別式は親族のみで行う。後日、お別れの会を開く予定。《産経新聞》

【佐久間正英さん】死去

昨年8月に末期のスキルス胃がんを公表した音楽プロデューサーでミュージシャン、佐久間正英さんが16日午前2時27分、残胃がんで死去したことが20日、分かった。61歳だった。佐久間さんのツイッターで息子の佐久間音哉さんが明かした。

関係者によると、自宅で家族に看取られ、息を引き取ったという。佐久間さんはロックバンド、四人囃子の元メンバーで、プロデューサーとしてBOOWYやザ・ブルーハーツ、GLAY、JUDY AND MARYらを手がけた。《産経新聞》

1月16日/のできごと

シェアする

フォローする