平成8475日目

2012/03/22

【野田佳彦首相】学生に採用抑制を釈明


http://www.kantei.go.jp/

野田佳彦首相は22日、民主党が社会教育の一環で募集したインターンシップ参加者の大学生ら約30人と首相官邸で面談した。同席者によると、学生らが政府が検討中の国家公務員の新規採用抑制に不安を訴えたのに対し、首相は「東日本大震災の痛みを国民皆で分かち合おうという話の中で理解してほしい」と、歳出削減に理解を求めた。《毎日新聞》

広告




【千葉・習志野署】被害届受理せず「署員旅行」

長崎県西海市の2女性殺害事件で、習志野署の担当者らが昨年12月、女性の家族が提出しようとした被害届の受理を先送りにした2日後、署内のレクリエーションで北海道へ旅行に行っていたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。

千葉、長崎、三重の3県警は今月5日、事件への対応の不備を認め遺族に謝罪、経緯の検証結果を公表したが、旅行について一切触れていなかった。被害届の受理を先送りした理由は、別の変死事案や事件の捜査を優先した、としていた。《千葉日報》

【愛知県立瀬戸北総合高校】昨年の合格者を掲示

愛知県教育委員会は22日、県立瀬戸北総合高校(瀬戸市)で同日午前10時から行われた合格発表で、誤って昨年の合格者が記載された一覧表を掲示するミスがあったと発表した。すぐ間違いに気付き掲示をやり直した。一覧表は合格発表が終われば廃棄されるが、昨年の表が今年のものと同じ金庫に収められたままで、担当の教員が取り違えたという。

県教委によると、同校の志願者は昨年より62人多い479人。掲示の3分後に一覧表の最後の番号が本来より若いことに教員が気付いた。県立足助高校(豊田市)でも一覧表の一部、47人分を掲示し忘れるミスがあり、20分後に追加掲示した。《共同通信》

3月22日/のできごと