2011 平成23年9月14日(水)のできごと(何の日)

平成8285日目

2011/09/14

【長妻昭元厚労相】古巣に“宣戦布告”

14日午前の民主党政策調査会厚生労働部門会議で、新たに座長に就任した長妻昭元厚労相が、同席した厚労省幹部に「1年前、やさしく私を支えていただいた役所のみなさん。もう一回お付き合いするとは思わなかった。よろしくお願いします」とあいさつした。厚労相時代に何かと同省官僚とのあつれきが話題になっただけに、“宣戦布告”ともとれる発言に幹部らは苦笑い。

野田政権で政調は事前了承する機関に権限を強化。部門会議で強硬な反対が出れば、厚労省の法案や政策が進展しなくなる可能性があり、長妻氏は「今後の国会で重要法案がめじろ押し」とけん制した。《共同通信》




【野田佳彦首相】「3党合意を履行」


http://www.kantei.go.jp/

野田佳彦首相の所信表明演説に対する各党代表質問が14日午後、衆院本会議で始まった。首相は自民党の谷垣禎一総裁への答弁で、子ども手当見直しなどに関する民主、自民、公明3党の合意について「誠実に履行していく」と述べた。谷垣氏は東日本大震災復興では協力する姿勢を示した上で、その前提として民主党マニフェスト(政権公約)の全面撤回を要求した。

谷垣氏は、東京電力福島第1原発事故に絡んだ不適切な言動で鉢呂吉雄前経済産業相が辞任した問題では「不完全な組閣の結果だ」と、首相の任命責任を追及した。《共同通信》

【 NASA】新型ロケット開発計画を発表

米航空宇宙局(NASA)は14日、スペースシャトルの後継となる新型ロケットの開発計画を発表した。翼を持ち再利用可能なシャトルと異なり、アポロ宇宙船を月に運んだロケットと同様の使い捨て型で、暫定的に「宇宙発射システム」(SLS)と名付けられた。地球に近い小惑星や火星を目指し、2017年に無人の試験飛行を目指すとしている。

NASAによると、ロケットの主エンジンは液体水素と液体酸素を燃料として利用。補助エンジンとして現時点では固体燃料ロケットの利用を考えているが、将来変更される可能性もある。《共同通信》

【クイズ!ヘキサゴン2】打ち切りへ

タレントの島田紳助さん(55)の芸能界引退を受け、紳助さんが司会を務めていたフジテレビ系のバラエティー番組「クイズ!ヘキサゴン2」(水曜夜)が今月28日のスペシャルを最後に打ち切りとなることが、14日分かった。島田さんが司会していたレギュラー番組で、打ち切りが決まったのはTBS系の「紳助社長のプロデュース大作戦!」に続いて2本目。《共同通信》

9月14日/のできごと

シェアする

フォローする