2009 平成21年1月20日(火)

平成7318日目

2009/01/20

【バラク・オバマ氏】第44代アメリカ合衆国大統領就任

Embed from Getty Images

米国の第44代大統領にバラク・オバマ氏(47)が20日正午(日本時間21日午前2時)、就任した。

イラクとアフガニスタンで2つの対テロ戦争が進行中で、経済情勢が深刻な中、1776年の建国以来、初の黒人大統領となるオバマ氏は米国再生と危機克服へ「新たな責任の時代」を強調、米国民に結束を訴えた。最優先課題は経済再生で、8000億ドル(約72兆円)規模に上る景気対策や金融安定化に全力をあげる。

オバマ氏は「我々は危機のまっただ中にある。戦時下で、経済はひどく弱っている」との認識を示した。事前配布された演説草稿によると、同時に「いま我々に必要なのは新たな責任の時代だ。我々には米国、世界への義務がある」と主張。危機突破と変革実現のため、米国民の協力を促している。

経済再生では「大胆で迅速な行動」が必要だとして景気対策の重要性を指摘。2月中旬までを念頭に、景気法案の早期成立の必要性を強調した。外交政策では国際協調路線への転換を掲げた。《日経新聞》

広告




【麻生太郎首相】消費増税「準備が必要」


http://www.kantei.go.jp/

麻生太郎首相は20日の参院予算委員会で、2008年度第二次補正予算案と09年度予算案に盛り込んだ雇用対策について「これまでにない規模、内容で実施する」と述べ、11年度までに計160万人の雇用を下支えできるとの見通しを示した。

税制改正法案の付則に11年度からの消費税率引き上げを明記する政府方針に関し、首相は「景気が回復するときに対応できるようあらかじめ準備していく必要がある」と指摘。同法案提出の意向を強調するとともに「(増税は)社会福祉のためにやらせていただく」と理解を求めた。《福井新聞》

【相川亮二捕手】ヤクルト入団会見

横浜からFA宣言し、ヤクルトに移籍した相川亮二捕手(32)が20日、都内の球団事務所で入団会見を行った。3年総額4億5000万円の正式契約を済ませ「いらないと言われるまで頑張る。ヤクルトに骨をうずめるつもりです」と宣言した。

16日の入団交渉では、チームの順位で出来高額が増減する「順位変動制」を申し入れたが、球団側は「順位は捕手だけの責任ではないから」と配慮。正式契約では通常の出来高制が採用されたという。

「FA選手だから(高い年俸が)確約されているというのは嫌だったので。僕がメジャーに挑戦する間も待ってくれたことに感謝して、ヤクルトで優勝したい」と力を込めた。《スポニチ》

1月20日/のできごと