2006 平成18年9月24日(日)のできごと(何の日)

平成6469日目

2006/09/24

【大相撲秋場所千秋楽】横綱朝青龍、貫禄の締め

大相撲秋場所千秋楽(24日・両国国技館)前日18度目の優勝を決めた横綱朝青龍は大関白鵬を寄り倒し、13勝2敗とした。綱取りが振り出しに戻った白鵬は、終盤3連敗で8勝7敗に終わった。

大関対決は琴欧洲が千代大海を寄り切り、ともに10勝5敗。大関栃東は露鵬の上手出し投げに屈して9勝6敗、露鵬は10勝をマークした。《福井新聞》




【安倍晋三官房長官】首相へ予行演習?

自民党総裁の安倍晋三官房長官は24日夕、東京・両国国技館で大相撲秋場所を観戦、小泉純一郎首相の代理として優勝した横綱朝青龍関に内閣総理大臣杯を手渡した。

次期首相就任が決定的な安倍氏は表彰後、記者団に「官房副長官として(総理大臣杯を)何回か渡しているが、今日は特別な重さがあった」と語った。

安倍氏が昭恵夫人とともに入場すると、気付いた観客から「総理、総理」の声がかかった。表彰式では重さ40キロのトロフィーを介添えした呼び出しの助けを受けて何とか抱え上げ、ややよろめきながら朝青龍に授与した。《福井新聞》

【ゴルフ・宮里藍選手】国内3連続V

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子最終日(24日・宮城県利府GC=6476ヤード、パー72)2位から出た宮里藍が4バーディー、3ボギーの71で回り、通算2アンダーの214で逆転して2度目の大会制覇を果たした。

宮里は昨年11月の大王製紙エリエール・レディス、今月上旬の日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯に続き、出場した国内3試合を連続して制覇した。《福井新聞》

【自民党】「造反組」年内にも復党

自民党の安倍晋三総裁は24日、郵政民営化関連法案に反対し離党した無所属の衆院議員13人について、臨時国会で各法案採決に自民党と同一歩調をとれば、年内にも復党させる方向で調整に入った。

まず無所属の13人が臨時国会で会派を結成して自民党に協力、12月中旬の国会閉幕後に復党する案が有力。自民党内には無所属組と統一会派を組む構想も出ている。《福井新聞》

【俳優・丹波哲郎さん】死去

映画「砂の器」の刑事役やギャングのボス役で存在感を示し、国際的にも活躍した俳優の丹波哲郎さんが24日午後11時27分、肺炎のため東京都三鷹市の病院で死去した。84歳。東京都出身。

劇団文化座などを経て1952年に「殺人容疑者」で映画デビュー。以後、ギャングのボスややくざの兄貴分といった役どころで異彩を放った。《福井新聞》

9月24日/のできごと

シェアする

フォローする