平成6240日目

平成18年2月7日(火)

2006/02/07

【秋篠宮妃紀子殿下】ご懐妊の兆候

秋篠宮妃紀子さま(39)が懐妊されたことが7日、明らかになった。宮内庁の羽毛田信吾長官は同日夜記者会見し、「ご懐妊の兆候がおありになる」と発表した。長女眞子さま(14)、次女佳子さま(11)に続く第3子で、9月末に出産予定。男児が誕生すれば、秋篠宮さま以来41年ぶり。現在の皇室典範では、皇太子さま(45)、秋篠宮さま(40)に次いで皇位継承順位は第3位となる。

Embed from Getty Images

政府は女性・女系天皇を容認する皇室典範改正案を今国会に提出する構えで、小泉首相も同日「今国会中に成立できるよう努力したい」と語ったが、紀子さまの懐妊をうけ自民党内などには慎重論が広がった。《朝日新聞》




【小泉純一郎首相】紀子妃殿下のご懐妊「正式な報告ない」

小泉純一郎首相は7日夕、秋篠宮妃紀子さまの懐妊が皇室典範改正論議に与える影響について「正式な報告がないのに言える立場でない」としながらも、「(有識者会議の)報告書に沿って今国会に法案を提出する準備をしているわけですから」とも述べ、改めて典範改正案を今国会に提出する考えを示した。

一方、安倍晋三官房長官は同日午後の記者会見で「正式な報告を待って検討したい。いずれにしろ慎重に判断すべき問題だ」と語った。

これに先立ち、首相は衆院予算委員会で「今国会でじっくり審議して成立させることは決して早すぎることはない」と表明。「法案を出して慎重に審議していただければ、今国会で十分、大方の賛同を得られる状況になっていくと思っている」と強調した。

今国会で改正を目指す理由は「愛子さまはもうじき学校に入られるお年ごろだ。ご自分がいずれ天皇陛下にならなければならないというご自覚のもとで教育を受け努力されることは大きな問題だ」と説明した。

また、有識者会議の報告書が皇位継承順位を「長子優先」としたことについては「長子が女子で何年後かに男子が生まれるのを待つと、それまでの間、長子の女性はどのように過ごしたらいいのか。養育の面も含めて重要だ」と指摘した。《毎日新聞》

【小泉純一郎首相】「株式投資は自己責任」

小泉純一郎首相は7日午後の衆院予算委員会で、ライブドア株の下落による投資家の損失に関し「図に乗るとすってんてんになるのが投資だ。あくまで自分の責任で投資していただきたい」と述べ、投資家の自己責任との考えを強調した。民主党の岡田克也前代表が、昨年の衆院選で自民党幹部や閣僚が堀江貴文容疑者を応援したことで「ライブドア株を買った人が多かった」と政府や自民党の責任をただしたのに答えた。

その上で首相は「株投資をあおったとの批判は受け入れられない」と反論した。《時事通信》

【小泉純一郎首相】米牛肉問題で見解「日本対応に誤りなし」

衆院予算委員会は7日午前、小泉純一郎首相と全閣僚が出席し、二〇〇六年度予算案に関する二日目の基本的質疑を行った。首相は、米国産牛肉の輸入問題について「政府はきちんと対応した。リスクを否定できない重大な事態なら輸入停止も必要で、その通りにしている」と述べ、政府対応に誤りはないとの考えを重ねて強調した。

ブッシュ米大統領に抗議すべきだとの指摘には「どのレベルの首脳に話すかは私が判断する。日本政府として米政府に抗議している」と述べた。

首相は、所得格差が子どもの就学機会の不平等につながり学力格差を生んでいるとの指摘について「生活苦のために就学の機会が奪われないように手を差し伸べることは必要だ」とした上で「学校の成績が悪くても悲観する必要はない。学校を出なくても好きな道を選び、大学を出た人より優れた仕事をしている人はたくさんいる」と述べた。

民主党の前原誠司代表の質問に答えた。《共同通信》

【警視庁】フィッシング詐欺を初摘発

フィッシングの手口で、インターネットサービス会社「ヤフー」のオークションのサイトを勝手に複製し、不正に入手した会員のID、パスワードを使い、出品 された商品をだまし取ったとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターなどは7日までに、詐欺容疑などで千葉市稲毛区稲毛台町、K容疑者(25) を逮捕した。フィッシング詐欺の摘発は全国で初めてという。《時事通信》

【神戸地検】宝塚市長を逮捕

兵庫県宝塚市長が、パチンコ店出店に便宜を図る見返りに、業者から高級乗用車を受け取っていたことが分かり、神戸地検特別刑事部は7日、市長の渡部完容疑者(47)を収賄容疑で逮捕するとともに、宝塚市内の市長の自宅などを家宅捜索した。

調べによると、渡部容疑者は2003年11月、将来のパチンコ店出店に便宜を図る見返りに、高級自動車1台(約800万円相当)の提供を受けた疑い。

宝塚市は1983年、パチンコ店の出店を商業地域に限定する条例を制定した。しかし、渡部容疑者が初当選してから約半年後の03年9月、市長の同意があれば準工業地域などで出店できるよう条例が改正された。

渡部容疑者は県議を3期務めた後、03年4月の市長選で初当選し、現在1期目。《日経新聞》

2月7日/のできごと