1999 平成11年9月10日(金)のできごと(何の日)

平成3898日目

1999/09/10

【O-157食中毒事件】堺市に賠償命令

大阪府堺市で1996年夏に発生した病原性大腸菌O-157による集団食中毒をめぐり、死亡した小学校6年女児=当時(12)=の両親が、学校給食は安全性を欠いていたとして、製造物責任法(PL法)などに基づき、堺市に約7800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁堺支部の渡辺雅文裁判長は10日、「除菌処理などに過失があった」などとし、堺市に計約4540万円の賠償を命じた。

判決で渡辺裁判長は「女児はO-157に汚染された給食で感染、死亡した」とした上で(1)献立を加熱調理に切り替えていれば、除菌できた可能性が高い(2)国などの通達や報道で加熱処理の有効性・必要性が指摘されていた(3)加熱に切り替えることに特段支障はなかった–ことなどから、市側の対応に過失があったと判断した。《福井新聞》




【自民党総裁選】3候補が所見演説会

自民党総裁選で、3候補の所見発表演説会が10日午後、党本部で開かれた。

小渕恵三首相(総裁)は「政権基盤の安定」を訴え、自由、公明両党との連立政権に理解を求めたのに対し、加藤紘一前幹事長は衆院選、参院選で示された民意と懸け離れていることを挙げ「最小限の連立にとどめるべきだ」と真っ向から反論、自自公連立をめぐり激しい火花を散らした。

山崎拓前政調会長は直接の言及は避け「時期衆院選で単独過半数を失えば、自民党は主導権を失う」と強調した。《福井新聞》

9月10日/のできごと

シェアする

フォローする