平成1997日目

平成6年6月27日(月)

1994/06/27

【松本サリン事件】

6月27日のできごと(何の日)松本サリン事件

27日午後11時10分ごろ、長野県松本市の住宅街に刺激臭を伴った有毒ガスが立ち込め、住民から「目が痛い」「息苦しい」などの症状を訴える119番が相次いだ。松本署によると、同市北深志の明治生命社員寮と近くのマンション2棟に死亡者が集中、明治生命社員寮内、同社社員Aさん(45)ら2人が病院で、現場で5人の計7人が死亡した。52人が市内の5つの病院に入院、3人が重症、49人が軽症。松本広域消防局によると、被害は明治生命寮を中心に半径100メートル以内で多く出ている。

現場付近の路上でハトや、犬などの動物が死んでいたほか、マンションに隣接した池にはザリガニや魚の死がいが沈んでいた。

長野県警は28日朝松本署に中毒事故捜査本部を設置、250人の捜査員を動員し原因の本格究明に乗り出した。警察庁は係員4人を現地に派遣、松本市は対策本部を設置した。

これまでの調べでは、被害者の診察に当たった複数の医者が「患者のどう孔が、縮まっており、コリンエステラーゼという酵素が減少している。症状からみて有機リン系の有毒ガスによる薬物中毒の公算が大」と話している。このため、捜査本部は農薬が気化した可能性もあるとみて、ガスの拡散経路などを中心に調べている。

捜査本部のこれまでの調べでは、死亡者7人は同所にあるMハイツ、Kハイツ、明治生命社員寮の3つの建物から出た。MハイツとKハイツは、電化マンションで室内でガスは使われていなかった。またマンションやアパートの被害者は、ほとんどが2階以上の居住者だった。

医師の話では窓を開けていた人ほど症状が重いとい一う。病院に収容されたKハイツのBさん(16)は「午後11時ごろジュースを買いに外出したところ、地面に霧のようなものがはっていた。しばらく歩いたら、目まいがし、目がチカチカして吐き気がした」と話した。《共同通信》



【東京市場】終値99円93銭

27日の東京外国為替市場は、円買いドル売りの流れが止まらず、円相場は前週末に比べ47銭円高ドル安の1ドル=99円33銭で取引を終え、終値は戦後初めて1ドル=100円の大台を突破した。これまでの最高値は24日につけた100円40銭。出来高は日銀介入などに伴い113億9300万ドルに膨らんだ。《共同通信》

【自民、社会、さきがけ】連立へ進展

羽田内閣総辞職を受け、河野自民党総裁と村山社会党委員長は27日午前10時すぎから国会内で約50分間会談した。この結果、両党が後継首相候補の選出を含め、早期の局面打開に全力を挙げるべきだとの認識で一致した。ただ、今後の自社政権協議については、双方が提示した政権構想を検討後に考慮するとして先送りした。

一方、社会党は同日朝の三役会議で、社会・さきがけを軸とする新政権づくりを目指し、さきがけとの協議を最優先とすることを正式決定。野坂国対委員長と田中さきがけ代表代行との会談で①税制改革の前提として行政改革の実現を急ぐ②日本の国連安保理常任理事国入りは慎重に対処するーなどを柱とする共同政策を取りまとめた。

自社トップ会談は、さきがけを橋渡しとして自社連立政権を目指す自民党の提案で開かれた。森自民党幹事長、久保社会党書記長が同席した。

河野氏は「今回の事態は自社両党に責任がある。国会の会期も3日しかなく、国家、国民のために一日も早く収拾しなければならない」と述べ、政権・政策協議の開始を求めた。村山氏は「事態の早期収拾の必要性は認める」と答えた。双方は「28日中に後継首相選出を目指す」との考えでも一致した。

しかし、自民党が強く求めるさきがけを交えた3党協議については「現在、さきがけとの話を進めている」と慎重姿勢を示した。同時に、村山氏は「連立与党との関係が完全に終わったわけではない」と述べ、協議再開に含みを残した。

これに先立ち、社会党は、三役会議で河野・村山会談は「自社連立」をにらんだ協議の場ではないとの基本的立場を確認した。《共同通信》

【ボクシング・辰吉丈一郎選手】ハワイで初練習

7月2日(日本時間3日)、ホノルルでホセフィノ・スアレス(メキシコ)との再起10回戦に臨む元世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者の辰吉丈一郎(大阪帝拳)が27日、ハワイでのジムワークを開始した。

午前中は、アラモアナ公園内を約2キロの軽いロードワークの後、メディカル・チェック。午後3時すぎから約1時間、市内のカラカウアジムでシャドーボクシーング、2ラウンドのミット打ちなど軽めのメニューをこなした。

ホノルル市民らが見物する中、練習を終えた辰吉は「ウエートも乗らない、スピードもつかない、パンチも切れない」と3日ぶりのジムワークにないないづくし。ただ「試合前に格好つけてもしゃあないからね。これはこれで順調です」と気にしていなかった。28日は、辰吉戦の前座で10回戦を闘う葛西裕一(帝拳)とスパーリングをする。《共同通信》



6月27日のできごと