平成6842日目

2007/10/02

【この日の福田総理】

地球温暖化対策推進本部

平成19年10月2日、福田総理は総理大臣官邸で地球温暖化対策推進本部を開催しました。

この日の本部では、京都議定書目標達成計画の見直しに向けた基本方針を決定しました。これは目標達成に不足している削減量の解消に向け、既存対策の着実な推進に加え、産業、業務、家庭、運輸部門等あらゆる分野で追加対策の具体化を早急に進め、今年度内に達成計画の改訂につなげるものです。

福田総理は挨拶で、「地球温暖化問題は人類の生存に関わる世界共通の課題でございます。来年の北海道洞爺湖サミットの中心的な議題でございます。引き続き、世界をリードしていくこういう立場にあろうかと思います。私の昨日の所信表明で申し上げたのでありますけれども、我が国は世界に誇るエネルギー環境技術を世界に広げ、環境と経済の両立を地球規模で実現するために国際戦略について官房長官・環境大臣・経済産業大臣・外務大臣の4大臣を中心に検討を進めていただきたいと思っております。」と述べ、既存対策の確実な実施や更なる深掘りに向けて施策を強化するとともに、追加的な対策について早急に具体的内容の検討を進めていく考えを示しました。《首相官邸》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【セ・リーグ】巨人(原辰徳監督)5年ぶり31度目の優勝

プロ野球セ・リーグは2日、優勝へのマジックナンバーを「1」としていた巨人が5−4でヤクルトにサヨナラ勝ちし、5年ぶり31度目のリーグ優勝を決めた。阪神は横浜に0−5で敗れ、中日の2位、阪神の3位が確定、上位3チームが日本シリーズ出場権を争うクライマックスシリーズの組み合わせが決定した。

13日に始まる第1ステージは中日ー阪神(ナゴヤドーム)、18日開幕の第2ステージは巨人ー第1ステージ勝者となった。《共同通信》

【韓国・盧武鉉大統領】陸路で北朝鮮入り

韓国の盧武鉉大統領は2日、南北首脳会談のため韓国元首として初めて軍事境界線を歩いて越え、陸路訪朝した。平壌で金正日総書記が出迎え、両首脳は初の握手を交わした。

同日午後、万寿台議事堂でナンバー2の金永南最高人民会議常任委員長と会談、韓国取材団によると、経済協力拡大や朝鮮半島平和体制構築などについて意見交換した。核問題について言及があったかどうかは不明。

韓国政府によると、3日は午前と午後の2回にわたり金総書記との首脳会談が行われる予定。滞在は4日まで。南北首脳会談は2000年6月に当時の金大中大統領と金総書記の間で初めて行われて以来、約7年ぶり2回目となる。《共同通信》

【この日の民主党】

沖縄戦「集団自決」検定で国会決議目指す

民主党は2日午前、党本部で開いた役員会で沖縄戦で日本軍が住民に集団自決を強制したとの記述が教科書検定で削除された問題について、検定意見を直ちに撤回して記述を復活させるよう求める国会決議案を、野党各党の協力を得て提出し、衆参両院本会議で採択を目指す方針を決めた。

決議案の内容と提出時期については、菅直人代表代行、直嶋正行政調会長、山岡賢次国対委員長の3氏に一任した。

集団自決強制の記述削除問題については、9月29日に開かれた沖縄県民大会に11万人が参加したことを受け、町村官房長官が1日の記者会見で「(教科書の記述を)訂正、修正できるのか、関係者の工夫と努力と知恵があり得るのかもしれない」と述べ、文部科学省で対応を検討する考えを示したが、文科省は「検定の撤回はできない」との立場を崩しておらず、記述を訂正する場合でも、2008年度以降となり、2007年度は削除されたままになる可能性が大きいことから、民主党としての対応を役員会議で協議。

その結果、文科省令を改正してでも直ちに記述の修正を求めるべきだとの意見が大勢を占め、その旨を盛り込んだ国会決議案を提出する方針を決めた。

米軍等への給油は戦争そのもので憲法違反 小沢代表

小沢一郎代表は、2日午後の記者会見で、政府が今週中にも骨子を提示したいとしている、いわゆるテロ特別措置法に代わる新法について、「油を供給するのは、戦争そのもの。戦車も飛行機も油がなければ動かない」として、憲法に違反する以上、協議のしようがないと一蹴した。

また、党首会談にはいつでも応じるとの考えも改めて示した。しかし、「国会での論戦は、委員会、本会議で十分。いくらでも会談するが、国会での論戦で決着をつけるもの」として、クローズな協議、話し合いは避けるべきとの認識も改めて表明した。

さらに、教科書の沖縄戦における集団自決に軍の関与、命令がなかったとする検定意見について、「戦時下で、軍が管理しているはずですから集団自決に当然、関与していないことはありえない」との認識を明らかにした。そのうえで、「検定だから出版社の問題ではなく、政府の事実認識、歴史認識の問題で記述が削除された」とした。

9月29日の沖縄での県民集会について、「政府の態度に怒りが爆発したのだと思う」との感想を述べた。《民主党ニュース》



10月2日 その日のできごと(何の日)