平成5189日目

2003/03/24

【イラク・フセイン大統領】イラク戦争「勝利は近い」

Embed from Getty Images

イラクのフセイン大統領は24日午前、国営テレビを通じて国民向けに演説し「敵の侵略と不正義は誰の目にも明らかだ。勝利は近い」と述べ、米英軍に対する徹底抗戦をあらためて呼び掛けた。フセイン大統領の演説は、米英軍による最初の攻撃直後の20日午前以来、4日ぶり。

大統領は軍服姿で、イラク国旗の前で約25分間にわたり演説。20日の演説の際にかけていた眼鏡はなく、用意した紙に目を落としながらしっかりした口調で国民に語りかけた。《共同通信》

広告




【イラク戦争】米英軍、精鋭部隊と激戦

Embed from Getty Images

イラクの首都バグダッドに向け進撃を続ける米英軍は24日、首都の南約80キロのカルバラで、イラク精鋭部隊の共和国防衛隊と激戦を展開した。地上軍は早ければ24日(日本時間25日未明)にも首都近郊に達する見込みだが、イラク側によるゲリラ戦など予想以上の激しい反撃に遭っている。《共同通信》

【小泉純一郎首相】イラク復興で国際協調

衆参両院予算委員会は24日、イラク戦争に関する集中審議をそれぞれ行った。小泉純一郎首相は、イラクの復興支援について「国際協調体制がとれるように努力している。米国にもフランスにも今後、政府一丸となって働き掛けていきたい」と述べ、日本が主導して国際協調体制の構築に取り組む考えを表明した。

米英によるイラク攻撃の支持表明に関しては「日本はフランスのように核兵器を持っていない。北大西洋条約機構(NATO)というような同盟関係にも入っていない。日本の同盟国は米国だ。事情が違う」と述べ、米国の核抑止力に依存していることが支持の理由との考えを示した。《福井新聞》

3月24日/のできごと