平成4320日目

2000/11/05

【旧石器捏造事件】発覚

約60万年前の構築物跡などが今年10月に見つかったとされる宮城県築館町の上高森遺跡と、今年9月に行われた北海道新十津川町の総進不動坂遺跡の発掘調査で、調査にあたったNPO(非営利組織)「東北旧石器文化研究所」の藤村新一副理事長(50)(5日付で除名)が、別の遺跡で出た石器を自分で埋めて「石器発見」の事実をねつ造していたことが5日、明らかになった。

この日、藤村副理事長らが記者会見し、調査団長を務めた上高森遺跡については、出土した石器の大半について埋設したことを認めたほか、総進不動坂遺跡については、すべて自分で埋めたものだと認めた。ねつ造工作はこの2件だけだとしたが、藤村副理事長が前期旧石器時代の遺跡発掘に多く関与していることから、“日本原人”に象徴されるここ十年来の考古学研究が、根底から揺さぶられる可能性も浮上した。《読売新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【民主党・菅直人幹事長】加藤氏の動向、野党は巻き込まず

民主党の菅直人幹事長は5日のフジテレビの番組で、自民党の加藤紘一元幹事長が政権獲得への意欲を示していることに関連し「加藤氏が補正予算案に国会で反対すれば政権をともにできなくなり、自民党は割れる。内閣不信任案に賛成すると加藤派、山崎派が腹固めれば森喜朗内閣はつぶれる。しかし残念ながらそこまではできないだろう」と述べ、野党を巻き込んだ政権交代につながる可能性は少ないとの見通しを示した。《共同通信》



11月5日 その日のできごと(何の日)