平成9503日目

2015/01/14

【警視庁】地下鉄サリン事件発生直後指令室と現場との交信記録を公開

1995年3月の地下鉄サリン事件から20年となるのを前に、警視庁は14日、事件発生直後約73分間にわたる通信指令本部と現場との無線通信の音声記録を公開した。次々に倒れる乗客の様子を伝える警察官の声、錯綜(さくそう)する情報などから、緊迫した現場の状況が浮かび上がる。

「日比谷線の八丁堀駅、病人2名。気持ち悪くなった者2名。事件か事故か詳細は判明せず」

通信指令本部に事件の第一報が入ったのは3月20日午前8時21分。「異臭がして病人4人ほど出たもよう」(茅場町駅)、「現在車両が止まっている。車両にガソリンをまかれたもよう」(築地駅)などと周辺の駅からも次々と異変を告げる連絡が入った。

「築地駅構内に40~50人が倒れている」「小伝馬町駅から歩道に上がった乗客約30~40人が(不調を)訴えている」。現場の状況を伝える警察官は一様に息を切らし、切迫した空気を物語る。

「煙が充満している」「シンナーの臭いがした」などと情報は入り乱れ、原因は不明のまま。通信指令本部は同8時40分ごろ、「地下鉄駅構内で爆発物を使用したゲリラ事件が発生」とみて警戒態勢を発令した。

約5分後、八丁堀駅にいた警察官が重要な目撃情報を伝えてきた。「新聞紙に包まれた液体が目の前に落ち、ものすごい異臭がしたので車外に蹴り出した」。この液体が原因らしいと分かり、防毒マスクを装着した警察官が各駅で不審物の捜索を進めた。

その後、液体は猛毒のサリンと判明。事件による死者は13人、負傷者は6千人を超えた。

警視庁は「20年の節目に当時の状況を公開することで、事件の風化を防ぎたい」と異例の公開を決めたという。《日経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【葛西臨海水族園】クロマグロ大量死が明らかに

葛西臨海水族園(東京都江戸川区)は14日、展示しているマグロなどが昨年12月から相次いで死に、昨年11月1日時点で159匹だったのが今月14日には30匹になったと発表した。原因は調査中としている。同園によると、12月上旬からカツオの仲間のスマやハガツオが連続して死に、同月下旬からクロマグロも連続して死んだ。11月に比べ、クロマグロは69匹が17匹に、スマは52匹が4匹に、ハガツオは38匹が9匹に減少した。《共同通信》

【東京地検特捜部】渡辺喜美氏と松島みどり氏を不起訴処分

東京地検特捜部は14日、借り入れた8億円の一部を政治資金収支報告書に記載していなかったなどとして政治資金規正法違反容疑で告発された渡辺喜美前衆院議員と、選挙区の祭りで「うちわ」を配ったなどとして公職選挙法違反容疑で告発された松島みどり前法相について、いずれも不起訴処分とした。《日経新聞》

【佐賀県・山口祥義知事】初登庁

佐賀県知事選で初当選した元総務省過疎対策室長山口祥義氏(49)が14日、県庁に初登庁した。就任式で、職員約180人を前に「これまでの県政を承継はしない。県民一人一人の目線で再点検をお願いしたい」と訴えた。

山口氏は初登庁の際、大勢の職員に拍手で出迎えられた。当選証書を受け取った後、知事室の椅子に座ると「非常に重みがある」と感想を述べた。

11日の知事選は、自民、公明両党が推薦した前武雄市長の樋渡啓祐氏(45)の行政手法に反発する一部の自民党県議や首長らが山口氏を擁立し、保守分裂選挙となった。《共同通信》

【政府、与党】整備新幹線の開業前倒し正式合意

政府、与党は14日、整備新幹線に関する検討委員会を首相官邸で開き、延伸3区間のうち、北海道(新函館北斗―札幌)の開業時期を現行計画から5年、北陸(金沢―敦賀)を3年それぞれ早めることで正式合意した。北海道は2031年春ごろ、北陸は23年春ごろ開業の見通しとなった。22年春ごろの開業とされる九州新幹線長崎ルートの武雄温泉―長崎も、できるだけ早く整備するとした。

北陸の金沢―福井については、地元が求める、さらに2年程度の先行開業を与党内で検討、夏までに結論を出す。《共同通信》

【沖縄県・翁長雄志知事】官邸を初訪問

沖縄県の翁長雄志知事は14日、昨年11月の知事選で当選後初めて官邸を訪問し杉田和博官房副長官と会談、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する意向を直接伝えた。基地負担軽減担当の菅義偉官房長官との会談は実現しなかった。

会談で翁長氏は「国土の0・6%の面積しかない沖縄に戦後69年間、米軍専用施設の74%が集中する現状は理不尽だ」と強調し、普天間の県外、国外移設を求めた。

翁長氏によると、杉田氏は「今後も意見交換しましょう」と応じるにとどめたという。《共同通信》

【大阪府市法定協議会】大阪都構想の制度案を提出

大阪市を廃止して特別区に再編する「大阪都」構想をめぐり、大阪府市法定協議会会長の今井豊府議が14日、総務省を訪れ、制度案となる協定書を提出した。総務省は内容を検討し、総務相の意見を府市に伝える。

松井一郎府知事と橋下徹大阪市長は、2月開会予定の府市両議会に総務相の意見を添えて協定書を提出し、承認される見通し。賛否を問う大阪市民対象の住民投票が5月17日に実施される見込みだ。

協定書は新たに設ける五つの特別区の区域や名称、府との事務分担などを規定。特別区の設置日を2017年4月1日と定めている。大阪府庁で13日、開かれた法定協で決定した。《共同通信》

【安倍晋三首相】都構想に理解

安倍晋三首相は14日、関西テレビ番組に出演し、維新の党最高顧問の橋下徹大阪市長が主導する「大阪都構想」について一定の理解を示した。同時に維新に対し、憲法改正に向け協力を求めた。自民党大阪府連が反対する大阪都構想に対して官邸サイドは表向き関知しない姿勢を示すものの、首相は都構想に理解を示すことで悲願の憲法改正に向けて維新をつなぎ留めたい思惑がありそうだ。《産経新聞》

【ローマ法王】スリランカでミサ

スリランカ訪問中のローマ法王フランシスコは14日、最大都市コロンボ中心部にある公園で、信者ら50万人以上(ローマ法王庁の推計)を前にミサを行った。

その後、2009年まで25年以上続いた内戦の激戦地だった北部マドゥーを訪問し、現地の教会で演説する。

ミサでは17世紀後半にインドからスリランカに渡り、布教に努めた神父ジョセフ・バスを、カトリック教会で最高の崇敬対象である「聖人」とする列聖式も執り行われた。スリランカから聖人が認定されたのは初めて。《共同通信》

【香港・梁振英行政長官】施政方針演説

香港の梁振英行政長官が立法会(議会)で14日、日本の首相の施政方針演説に当たる「施政報告」の演説を行い、民主派の立候補を事実上排除した中国の決定に従って次期長官選挙の制度改革を進める考えを強調した。

昨年9月末から約2カ月半続いた大規模デモで、学生らは誰でも出馬できる「真の普通選挙」を求めていたが、あらためて明確に拒否した。

梁長官は、次期長官選で導入予定の普通選挙は「(香港の憲法に当たる)基本法や(民主派を排除した)中国全国人民代表大会常務委員会の決定に必ず合致する形で実現しなければならない」と強調した。《共同通信》

【伊・ナポリターノ大統領】辞任

イタリアのナポリターノ大統領(89)は14日、正式に辞任した。昨年末、高齢のため職務を果たすことが困難になったとして2020年の任期満了を前に退任する意向を明らかにしていた。今後、後任候補の選出に向けた動きが本格化する。

月内に新大統領選出のための投票が行われる見通しだが、1回で決まらないのが通例で、当選者が出るまで繰り返し投票が行われるとみられる。

大統領は、上下両院議員と全国の州代表計約千人の合同会議による無記名投票で選ばれる。選出には3分の2を超える得票が必要。《共同通信》

【インド】ガンジス川で100遺体漂流

インド北部ウッタルプラデシュ州ウナオ周辺で14日、ガンジス川の川面に100体以上の遺体が漂流したり、川岸に流れついたりしているのが見つかった。地元メディアが伝えた。

一部のヒンズー教の信仰グループでは、未婚の女性や子どもが死亡した場合、遺体を火葬せずに聖なる川ガンジス川に流す風習がある。市民団体は短い期間に大量の遺体が見つかったため、周辺地域で深刻な健康被害があった可能性を指摘。地元当局が調べている。

ガンジス川の流域にはバラナシなど聖地が点在する。近年は流域の都市人口が膨らみ、排水などによる汚染が深刻化している。《共同通信》



1月14日 その日のできごと(何の日)