2014 平成26年9月14日(日)のできごと(何の日)

平成9381日目

2014/09/14

【BCリーグ石川・木田優夫投手】本拠地最終戦

大リーグで活躍した木田優夫投手の所属する野球の独立リーグ、ルートインBCリーグ石川が14日、金沢市内で群馬と対戦、今季限りで引退する46歳の木田はベンチ入りした。

北陸地区後期優勝を決めている石川の本拠地での後期最終戦の試合前に木田は「2年間、夢を持たせてもらいながら野球ができた。ありがとうございます」と観客にあいさつした。

木田は山梨・日大明誠高から1987年にドラフト1位でプロ野球の巨人に入団。オリックスを経て98年オフにフリーエージェント(FA)権を行使して米大リーグ、タイガース入りするなど日米複数の球団を渡り歩いた。《スポニチ》




【朝日新聞】任天堂社長記事についてお詫び掲載

朝日新聞は14日、2012年6月に掲載した任天堂(京都市)の岩田聡社長に関する記事について、実際には同社のホームページ(HP)から発言内容を引用したにもかかわらず、インタビューしたかのような体裁で記載していたとして、同日付朝刊におわび記事を掲載した。

問題の記事は同年6月8日付経済面の「ソーシャル時代、どう対応?/ゲーム大手4社に聞く」。朝日新聞は任天堂に社長への取材を申し込んだが了解が得られなかったため、HPに掲載されていた動画の発言内容をまとめて記事にしたいと連絡。同社側から了解が得られたと思い込み記事にした、としている。《共同通信》

【ゴルフ女子プロ選手権】鈴木愛選手、史上最年少で優勝

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯◇最終日◇14日◇兵庫・美奈木GC(6645ヤード、パー72)

プロ2年目の鈴木愛(20=フリー)が、大会史上最年少で日本一の称号を手にした。首位スタートの最終日、2番で18メートルの超ロングパットをねじ込んでバーディーを奪うなど、71で通算5アンダー。

憧れの上田桃子、申ジエ、同期合格の成田美寿々とのV争いを制し、06年宮里藍の21歳83日を更新する「20歳128日」で大会最年少記録を樹立した。大会史上初の初出場初優勝で金字塔を打ち立て、来季から3年のシード権を獲得した。《日刊スポーツ》

9月14日/のできごと

シェアする

フォローする