平成5620日目

平成16年5月28日(金)

2004/05/28

【東京高裁】オウム・井上被告に死刑判決

地下鉄サリン事件など10の事件で殺人などの罪に問われた元オウム真理教幹部・井上嘉浩被告(34)の控訴審判決が28日、東京高裁であり、山田利夫裁判長は、無期懲役とした一審・東京地裁の判決を破棄し、検察側の求刑通り死刑を言い渡した。山田裁判長は、地下鉄事件での被告の役割を「総合調整役ともいうべき重要なもので、少なくともサリン散布役と同等の責任がある」と認定、後方支援にとどまるとした一審判決について「重要な誤りがある」と述べた。弁護側は判決を不服として直ちに最高裁に上告した。

教団による一連の事件で、一審の無期懲役が覆ったのは初めて。死刑判決は13人目。

判決は、地下鉄事件での被告の役割について、▽事前のリムジン車中の謀議でサリンの使用を発案した▽地下鉄に関する情報を提供し、実行役らの集合場所をあてがい、車を調達した▽散布役、送迎役に実行方法の細部を協議させた–などと認定。被告が反省を深めて事件解明に協力してきたことを認めたが、「地下鉄事件は実に悲惨な結果をもたらし、それだけでも優に死刑に値する。諸事情を最大限考慮しても死刑を選択するほかない」と結論付けた。

一審は00年6月、地下鉄サリン事件について、教団への強制捜査を回避するため、元代表・松本智津夫被告(49)=一審死刑、控訴=や故・村井秀夫元幹部らが共謀して計画したと認定。

東京から山梨県上九一色村に向かうリムジン車内の謀議で、「井上被告がサリン散布を言いだしたことが事件の発端となった契機となった」としながらも、その後、果たした役割は「後方支援ないし連絡調整的な役割にとどまる」と述べ、「現場指揮役」とする検察側の主張を退けて死刑を回避した。

井上被告は、教団「諜報(ちょうほう)省」の元トップで、松本被告の側近と言われた。しかし、逮捕後は積極的に取り調べに応じ、松本被告の公判でも地下鉄サリン事件直前の謀議の様子などを詳細に語った。

【山形マット死事件】仙台高裁、元生徒7人に賠償命令

山形県新庄市の明倫中マット死事件をめぐり、遺族が元生徒7人と新庄市に約1億9400万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁の小野貞夫裁判長は28日、7人を事実上「無罪」として請求を棄却した1審判決を一部取り消し、7人はA君を死亡させた「有罪」と判断、7人に約5760万円の支払いを命じた。新庄市への請求は退けた。 《共同通信》

【小泉純一郎首相】アラブ各国大使と懇談

5月28日のできごと【小泉純一郎首相】アラブ各国大使と懇談
https://www.kantei.go.jp/

5月28日、小泉首相は官邸に中東や北アフリカなどのアラブ諸国の大使らを招き、懇談した。

懇談の中で小泉首相は、6月末に予定されているイラクの主権移譲について、「イラク人が国を立ち上げる絶好の機会だ」と、イラク復興に向けてアラブ諸国との協力を訴えた。一方、各国大使らからは、イラク再建に関し、イラクの領土の一体性を保つこと、イラク人が自らの将来を決めること、復興は国連中心で進めること等が重要である、といった意見が述べられた。《首相官邸》

5月28日のできごと