平成5170日目

2003/03/05

【日本マクドナルド】創業者・藤田田会長が退任へ

Embed from Getty Images

ハンバーガーチェーンなどを展開する日本マクドナルドホールディングスは5日、創業者の藤田田会長(76)が今月28日の定時株主総会後に退任すると発表した。5日に開いた臨時取締役会で決めた。会長の長男である藤田元取締役(50)も会長と同時に取締役を退任することを申し出、承認された。

記者会見した八木康行社長は、取締役会で「現場回りがいつまでできるか分からず、76歳という年齢や体力を考え、辞めたい」と藤田会長が退任を申し出たことを明らかにした。2002年12月期決算で純損益が29年ぶりの赤字となった業績悪化との関連について八木社長は「全く関係ない」と強調した。《福井新聞》

広告




【倖田來未さん】シングル「real Emotion/1000の言葉」発売

【ロス銃撃事件】被告の無罪確定

「ロス疑惑」のうち銃撃事件で殺人罪などに問われ、控訴審の東京高裁判決で逆転無罪となった元雑貨輸入販売会社社長・三浦和義被告(55)の上告審で、最高裁第三小法廷(金谷利広裁判長)は5日付けで、逆転無罪判決を不服とする検察側の上告を棄却する決定をした。

6日、三浦被告本人に送達された。第三小法廷は「三浦被告が氏名不詳者と共謀して元妻を殺害したと認めるにはなお合理的な疑いが残るとした高裁判決は是認することができる」と述べた。事件発生から20年以上を経て、三浦被告の無罪が確定する。

三浦被告は、米国ロサンゼルス市内で81年、妻の一美さん(当時28)を銃撃して殺害、多額の保険金をだまし取ったとして、殺人などの罪に問われた。物証や自白など犯行を裏付ける直接証拠が全くなく、検察側が積み重ねた状況証拠をどう評価するかが激しく争われる中、実際に銃撃役となった共犯者はだれかが大きなポイントになった。

一審判決が「氏名不詳者との共謀」を認定したことについて、元経営者との共謀を主張していた検察側は不服として控訴したが、上告審では「一審判決に手続き上の違法はなかった」と強調。違法があったとする高裁判決には最高裁判例違反があると主張した。しかし、第三小法廷は「事案を異にする判例を引用するもので、適切ではない」と退けた。

当初銃撃の実行犯とされた元経営者には一審、二審とも無罪が言い渡され、検察側が上告しなかったため確定している。《朝日新聞》

【小泉純一郎首相】「政治とカネ、今国会で改善を」

小泉純一郎首相は5日、自民党の山崎拓幹事長を首相官邸に呼び、企業・団体献金の規制強化など政治資金に関する見直し措置を、今国会中に具体化するよう指示した。

自民党長崎県連の違法献金事件や大島理森農相の元秘書をめぐる疑惑に加え、坂井隆憲衆院議員の政策秘書らによる政治資金規正法違反事件が摘発されるなど「政治とカネ」に関する問題が続発。党内から4月の統一地方選挙への悪影響を懸念する声が強まっていることも考慮し、見直しに積極的な姿勢を打ち出した形だ。

首相は同日午前の参院予算委員会で、政治資金の在り方について「今国会中に少しでも改善できるような措置を講じていかないといけない」と答弁した。《福井新聞》

3月5日/のできごと