平成4689日目

2001/11/09

【海上自衛隊】インド洋へ3隻が出港

テロ対策特別措置法に基づく米軍などの軍事行動支援に先立ち、政府がインド洋への派遣を決めた海上自衛隊の護衛艦2隻と補給艦1隻が9日午前7時すぎ、佐世保基地(長崎県)から出港した。「調査・研究」に基づく派遣で、防衛庁は特措法の基本計画策定のための情報収集が目的としている。今月中旬に基本計画が決まれば支援業務も実施、下旬にも出発する支援艦隊本隊と合流する予定で、事実上の支援艦隊派遣第一陣となる。乗員は約700人。《共同通信》




【小泉純一郎首相】景気深刻化の認識

国会は2001年度補正予算案提出を受けて衆参両院本会議で塩川正十郎財務相が財政演説し、代表質問を行った。答弁で小泉純一郎首相は、景気の現状について「失業率が過去最高の5.3%を記録するなど厳しい状況にある」などと一層深刻化しているとの認識を表明した。

しかし「わが国の潜在的な成長力は十分にある。これを生かすためにも構造改革は必要だ」として、財政再建路線を堅持する考えを強調した。《共同通信》

11月9日/のできごと