平成4150日目

平成12年5月19日(金)

2000/05/19

【森喜朗首相】「憲法順守で国政にあたる」

森喜朗
https://www.kantei.go.jp/

森喜朗首相は19日午前の参院本会議で、自身の「神の国」発言について「天皇が神であるとの趣旨ではない。信教の自由を前提とし、命の大切さへの理解や宗教的な情操を深める教育の大切さ、地域社会の重要性を述べた。特定の宗教を念頭に置いていない」とあらためて釈明した。

その上で「神社を中心に、わが国の将来を形づくっていくという考え方は有していない。憲法の定める政教分離の原則を踏まえ、国政にあたる所存だ」と決意を表明した。《共同通信》



【森喜朗首相】高度情報通信社会推進本部に出席

5月19日のできごと【森喜朗首相】高度情報通信社会推進本部に出席
https://www.kantei.go.jp/

19日、官邸で高度情報通信社会推進本部・有識者会議合同会議第11回会合が開かれた。席上、森首相は、高度情報通信社会に対する国民の安心感、信頼感の醸成を図るため、迅速・的確な対応を進めていく考えを強調するとともに、7月の九州・沖縄サミットでIT(情報技術)革命の進展に伴う諸課題に関して、積極的に議論する意向を表明した。《首相官邸》



5月19日のできごと