平成3615日目

1998/12/01

【サッカー・トヨタ杯】レアル・マドリードが初優勝

サッカーのクラブチーム世界一を決める第19回トヨタ・カップは1日、東京・国立競技場に約5万1000人の観客を集めて行われ、欧州代表のレアル・マドリード(スペイン)が、2−1で南米代表のバスコ・ダ・ガマ(ブラジル)を破り、初優勝した。

欧州代表は4連勝で、通算成績は欧州の9勝10敗となった。《共同通信》




【小渕恵三首相】自自連立へ決意

小渕恵三の所信表明演説に対する各党の代表質問が1日、前日に続いて衆参両院本会議で行われた。首相は次期通常国会で審議される日米防衛協力のための新指針(ガイドラインん)関連法案に関して「自由党と連携し、固化国民のためになる案件についてともに難局に対処したい」と、自由党との連立合意を踏まえ、早期成立を目指す考えを強調した。

自衛隊の米軍支援のための出動に「国会承認」の条件を付すべきだとする民主党などの主張については「必ずしも国会の承認を受ける必要はない。国民の主権、議会制民主主義を何ら否定しない」と、「国会報告」とする従来の見解を繰り返した。《共同通信》

12月1日/のできごと