平成9472日目

2014/12/14

この日のできごと(何の日)

【第47回衆院選】

第47回衆院選は14日投開票され、与党の自民、公明両党は325議席を獲得し、定数の3分の2(317)を上回った。安倍首相(自民党総裁)は最大の争点となった経済政策「アベノミクス」などの信任が得られたとして、24日に第3次内閣を発足させる。

民主党の海江田代表は落選、代表を辞任する。同党は73議席と伸び悩んだ。維新の党など第3極は苦戦した。共産党は21議席に躍進した。小選挙区の投票率は、読売新聞社の推計で52%前後となり、2012年の前回(59・32%)を下回って、戦後最低となることが確実だ。《読売新聞》

元首相で民主党前議員の菅直人さん(68)は、東京18区で自民党前議員の土屋正忠さん(72)に敗れた。

前回に続く2度目の小選挙区落選で、前回と同様、日付が変わってから比例選での復活当選が決まった。劣勢を伝えられていた菅さんは地元に張り付き、各地で街頭演説を繰り返した。持論の「原発ゼロ」だけでなく、「自民が圧勝すれば、憲法9条改正に踏み出す」と呼びかけて政権への批判票を取り込もうとした。

それでも選挙区で敗退したことに、支援者の出版業男性(77) は「首相経験者なのにショックだ。原発事故の対応を巡る批判に対して十分弁明できなかった」と分析。15日午前3時前に事務所に姿を見せた菅さんは、「小選挙区の議席を獲得できなかったことをおわびする。議席をいただいたのは、みなさんのお陰です」と頭を下げ、「民主党の再生を支えたい」と述べた。《読売新聞》



【甲子園ボウル】関学大、日大下しV4

アメリカンフットボールの全日本大学選手権決勝、第69回甲子園ボウルは14日、甲子園球場で行われ、西日本代表の関学大(関西)が東日本代表の日大(関東)に55―10で大勝し、4年連続27度目の優勝を果たした。関学大は来年1月3日の日本選手権、ライスボウル(東京ドーム)で社会人王者と対戦する。

序盤から攻め立てた関学大はRB橋本誠の活躍などで21点を先取し、31―10で折り返した後半もQB斎藤を軸にした多彩な攻撃で加点した。24年ぶりの優勝に挑んだ日大は攻守で力負けした。《スポニチ》

【卓球グランドファイナル女子シングルス】石川佳純選手が初優勝

卓球のワールドツアー・グランドファイナル最終日は14日、バンコクで行われ、女子シングルスの石川佳純(全農)は準決勝でゲオルギナ・ポータ(ハンガリー)、決勝では徐孝元(韓国)を4―0で下し、日本女子で初優勝を果たした。

男子シングルスの水谷隼(ビーコン・ラボ)は準決勝でマルコス・フレイタス(ポルトガル)を下し、決勝ではドミトリー・オフチャロフ(ドイツ)に4―3で競り勝って4年ぶり2度目の優勝を決めた。強豪の中国勢は出場していない。《共同通信》

【韓国】大統領府高官を聴取

韓国の朴槿恵大統領の元側近チョン・ユンフェ氏が政府高官と密会を繰り返し人事に介入したと記した大統領府の内部文書が報じられた問題で、検察は14日、チョン氏と密会していたと文書で名指しされた大統領府の李在万総務秘書官を参考人として聴取した。聯合ニュースが報じた。

李氏は、文書の内容は虚偽であり名誉を毀損されたとして、報道した韓国紙記者らを告訴している。聴取でも同様の主張をし、チョン氏との密会を否定したとみられる。

李氏は1998年の朴氏の国会議員初当選時からの最側近。《共同通信》



12月14日 その日のできごと(何の日)