平成3605日目

1998/11/21

【大相撲九州場所14日目】琴錦が2度目の優勝

大相撲九州場所14日目(21日・福岡国際センター)平幕でトップを走り続けていた琴錦が千秋楽を待たずに2度目の優勝を決めた。平成3年秋場所以来、43場所ぶりの賜杯で、2度の平幕優勝は史上初の快挙。

琴錦は大関貴ノ浪を完ぺきな相撲で寄り切り、1敗を堅持。ただ一人2敗でつけていた平幕の土佐ノ海は横綱貴乃花に引き落として敗れたため、琴錦の優勝が決定した。貴乃花は11勝3敗。《共同通信》




【野中広務官房長官】「自自連立はあえてやらなければならない道だった」

野中広務官房長官は21日午前、滋賀県彦根市で開かれた自民党県連支部パーティーであいさつし、自民、自由両党の連立合意について「自由党と一緒になって難局を乗り切るため、あえてやらなければいけない道だった」と述べ、小渕政権の安定に不可欠な措置だったと説明し、あらためて理解を求めた。

同時にこれまで敵対してきた自由党の小沢一郎党首との関係を修復、連携に踏み切ったことに関して「ぶれない政治家として評価してもらってきた私が今回、一番大きくぶれた」と釈明した。《共同通信》

11月21日/のできごと