平成69日目

平成元年3月17日(金)

1989/03/17

【公明党・矢野絢也委員長】「野党で選管内閣を」

社会、公明両首脳が17日、自民党に代わる「政権の受け皿づくり」に意欲を表明した。矢野公明党委員長は遊説先の愛知県豊橋市で、竹下内閣退陣を想定、野党による「選挙管理内閣」構想を提言した。山口社会党総書記も同日の記者会見で、民社党との政権協議に入る用意があると述べた。《共同通信》




【香川真司さん】誕生日

【愛媛玉ぐし料訴訟】住民側が勝訴

愛媛県が靖国神社に玉ぐし料や献灯料、県護国神社に供物料を県費で支出したのは、政教分離を定めた憲法に反する、と松山市一番町の専念寺住職(42)ら県内の住民24人が、白石春樹前知事や県職員を相手に6年間(22回分)の支出金16万6000円の返還を求めた愛媛玉ぐし料訴訟の判決が17日、松山地裁で言い渡された。

山下和明裁判長は、靖国神社がかつて国家と強く結びついた歴史を持つことを指摘した上で「同神社や県護国神社へ玉ぐし料、供物料などを支出することは精神的にこれら神社の宗教活動を援助、助長、促進する効果があり、憲法が禁じる宗教活動に当たる」と、玉ぐし料などの公費支出に初の違憲判断を示し、原告側の請求を認め、白石前知事に支出金全額の返金を命じた。《共同通信》

3月17日のできごと