令和1206日目

2022/08/19

この日のできごと(何の日)

【ロシア】元スタバ営業再開

ロシアから撤退した米コーヒーチェーン大手スターバックスの元店舗が19日、ロシアの実業家と著名ラッパーの共同経営で店名「スターズコーヒー」として、首都モスクワで正式に営業を再開した。欧米メディアが報じた。ロゴはスターバックスに似かよっており、メニューも同様という。

スターバックスは2007年にロシアへ進出し、フランチャイズ形式で130店舗を運営してきたが、ウクライナ侵攻後の今年5月にロシア事業からの撤退を発表していた。スターズコーヒーは18日に記者会見を開き、スターバックス時代よりも事業を拡大すると強調。従業員らが記念写真に納まった。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【プロ野球・19日】

西3―4オ

オリックスは3―3の七回、若月のこの試合2本目の4号ソロで勝ち越した。山本が9安打3失点で完投し、後半戦初白星でリーグトップの11勝目を挙げた。西武は六回に2点差を追い付いたものの、継投が決まらずに競り負けた。

楽5―6ロ

ロッテは2―4の六回に暴投と松川の3点二塁打で4点を奪い逆転した。佐々木朗は6回で自己ワーストの3本塁打を含む5安打5失点と苦しんだが6月22日以来の7勝目。楽天は岸が六回途中5失点と踏ん張れず連勝が4で止まった。

ソ7―2日

ソフトバンクの板東が今季初先発で六回途中1安打無失点と好投し、2年ぶりの白星を挙げた。三回に柳田の2点打で先制。六回にデスパイネの犠飛などで2点、八回は5安打を集めて3点を加えた。日本ハムは4連敗となった。

D8―3広

DeNAが4連勝した。1―2の四回に嶺井の3点二塁打で逆転し、4―3の六回に宮崎のソロ、八回にソトの3ランで突き放した。大貫が六回途中3失点で粘り、2年ぶりの10勝目。広島は玉村が4回4失点と崩れ、4位に後退した。

中4―3ヤ

中日がサヨナラ勝ち。1―3の六回に木下の2点適時打で追い付くと、九回は木下の三塁打から無死満塁とチャンスを広げ、土田が右前に決勝打を放った。九回を締めたR・マルティネスが3勝目。ヤクルトは小川が粘れなかった。

巨0―4神

投打がかみ合った阪神が3位浮上。西勇が好投する中、0―0の七回に左前打で均衡を破った佐藤輝が八回には2点三塁打。西勇は3安打に抑えて今季2度目の完封で9勝目を飾った。巨人は山崎伊の好投を生かせず4連敗で5位後退。《共同通信》

【J1】

明治安田J1第26節第1日(19日・豊田スタジアム)名古屋はマテウスのゴールで磐田を1―0で退け、勝ち点33とした。同22で最下位の磐田は渋谷新監督の初戦に敗れ、3連敗。《共同通信》

【日本ラグビー協会】谷口真由美元理事を処分

日本ラグビー協会が谷口真由美元理事(47)をけん責処分としていたことが19日、関係者への取材で分かった。今年1月スタートのリーグワン立ち上げに向けた審査委員長などを務めた際に得た情報を著書に掲載したことが秘密保持義務に違反するとしている。

谷口氏は取材に対し「協会で自身の考えについて説明したいと求めても拒否されたため、本で記すしかなかった。より良い組織になることを望む」とコメントしている。

谷口氏は2019年6月に日本協会理事就任。トップリーグを刷新した新リーグの法人準備室長、3部制のチーム振り分けなどを審議する審査委員長を務めた。《共同通信》

【曽我ひとみさん】佐渡で署名活動

北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(63)は19日、地元の新潟県佐渡市で、一緒に拉致されたまま帰国がかなわない母ミヨシさん=失踪当時(46)=らの早期救出を訴える署名活動を行った。報道陣の取材に「岸田文雄首相は思い切って北朝鮮に乗り込んで、一日も早く会談を実現してほしい」と述べた。

曽我さんは1978年に拉致され、2002年に帰国を果たした。「20年、何もなかった。拉致被害者の家族が続けて亡くなり、心が痛む」と心境を明かした。横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(86)らに触れ「何が何でも(子どもに)会わせてあげたい」と話した。《共同通信》

【COVID-19】

国内新規感染26万1029人

国内で19日、新型コロナ感染者が新たに26万1029人報告され、2日連続で1日当たりの新規感染者数が過去最多を更新した。地方を中心に19道県で最多となり、お盆で人の移動が活発になったことが影響しているとみられる。帰省や旅行を終えた人が戻った都市部での感染再拡大も懸念され、流行「第7波」の収束は見通せない状況だ。

死者は新たに294人が報告された。直近7日間を平均した1日当たりの死者数は250人超で、第6波のピーク時を超えて過去最多となっている。

都道府県別の新規感染者は、東京2万7676人、大阪2万2798人、愛知1万7716人、福岡1万5726人など。《共同通信》

【ピッチブラック】日独が初参加

オーストラリア空軍が主催する計17カ国の軍事演習「ピッチブラック」が19日、オーストラリア北部特別地域(準州)で始まった。インド太平洋地域で影響力を拡大する中国を意識した訓練となる。今回は日本が初めて参加し、航空自衛隊の要員約150人とF2戦闘機6機を派遣する計画。ドイツや韓国も初めて加わる。20日に開始式が行われた。

演習は9月上旬まで実施。米国やカナダ、英国、フランス、インドなどを含む各国の要員計約2500人と航空機計100機が参加する。

オーストラリア空軍の司令官は19日、欧州全土に匹敵する広さの空域で演習を行うと記者団に説明した。《共同通信》

【ウクライナ侵攻】

仏ロ首脳、原発早期立ち入りで一致

フランスのマクロン大統領とロシアのプーチン大統領は19日、電話会談し、ロシア軍が占拠し敷地内やその周辺への攻撃が相次いでいるウクライナのザポロジエ原発に対する国際原子力機関(IAEA)代表団の早期立ち入り実現が重要だとの考えで一致した。フランスとロシアの大統領府が発表した。

両首脳の電話会談は5月28日以来。ロシアとウクライナは代表団の現地入りルートを巡って対立している。フランス大統領府筋は、プーチン氏がウクライナ側経由を受け入れたとの認識を記者団に示した。両首脳は数日中に改めて協議する予定。

国連総長、穀物輸出を視察

国連のグテレス事務総長は19日、黒海に面するウクライナ南部のオデッサ港を訪問し、同国産穀物を輸出する貨物船への積み込み状況などを視察した。ただ、ロシアが2014年に強制編入した南部クリミア半島で爆発が続き、南部ヘルソン州などでの攻防も激化。黒海航路を取り巻く情勢は依然、流動的だ。

グテレス氏は記者団に、貨物船について「世界で最も弱い立場にある人々や国々の希望だ」と述べ、世界の食料危機回避のため輸出正常化に取り組む決意を表明した。

米、対地雷装甲車を初供与

米国防総省は19日、ウクライナ軍への7億7500万ドル(約1060億円)規模の追加軍事支援を発表した。南部や東部にロシア側が多数の地雷を敷設した地域があることを踏まえ、対地雷装甲車「マックスプロ」40台を初めて供与する。地雷除去用の装備も提供する。

一方、政治サイト、ポリティコ欧州版は20日までに、英仏独など欧州6カ国が7月、ウクライナに対し目立った軍事支援を確約しなかったと報じた。こうした事態は2月のロシアによる侵攻開始後初めてだとし、戦況が膠着する中、欧州からの武器供与などの支援が停滞している可能性があると指摘した。《共同通信》

【MLB】

米大リーグは19日、各地で行われ、カブスの鈴木はシカゴでのブルワーズ戦に「4番・右翼」で出場し、一回に適時二塁打を放つなど3打数1安打1打点だった。チームは8―7で競り勝って4連勝。

エンゼルスの大谷はタイガース戦に「1番・指名打者」でフル出場し、3打数無安打だった。チームは1―0で勝った。

レッドソックスの沢村は4―8の四回途中から2番手で登板し、1/3回で1本塁打を含む2安打1失点だった。チームは10―15で敗れた。《共同通信》



8月19日 その日のできごと(何の日)