令和1207日目

2022/08/20

この日のできごと(何の日)

【北陸地方】大雨

20日の石川県内は大気の状態が非常に不安定となり、各地で大雨となった。能登地方を中心とする11市町に土砂災害警戒情報、七尾、輪島、志賀、能登の4市町で合わせて約4万4千人に避難指示が出され、床下浸水や道路の冠水、崖崩れなどの被害が相次いだ。県内は21日明け方にかけて強い雨が続く見込みで、気象台は土砂災害や河川の増水に引き続き警戒するよう呼び掛けている。

20日午後8時現在、1時間降水量は最大で羽咋38・0ミリ、加賀菅谷37・5ミリ、輪島市三井36・5ミリなど、全16観測地点中6地点で30ミリ以上を記録した。

土砂災害警戒情報は金沢、七尾、輪島、珠洲、羽咋、白山、能美、志賀、中能登、穴水、能登の各市町に発表された。七尾市は9地区、輪島市と志賀町は3地区、能登町は全域に避難指示を出した。七尾市によると、中島地区の笠師川、田鶴浜地区の三引(みびき)川が氾濫した。羽咋市滝谷町では道路脇の土砂が崩れた。

県や各市町によると、床上、床下浸水が七尾市で7棟、中能登町で14棟、志賀町で3棟、羽咋市で4棟の計28棟確認され、午後5時時点で七尾市など7市町の避難所41カ所に計51人が身を寄せた。けが人は確認されていない。《北國新聞》

20日の富山県内は前線を伴った低気圧の影響で大気の状態が不安定となり、激しい雨が降った。氷見、滑川、黒部市の3河川が一時氾濫危険水位を超え、県内多くの河川でも避難判断水位に達した。上市町で約560人に避難指示が発令され、富山市山間部東と魚津市、滑川市、南砺市、上市町、立山町に土砂災害警戒情報が出された。高岡市で10件、滑川市で2件の床下浸水が確認され、各地で道路が冠水、列車が運休するなど交通網が乱れた。

氾濫危険水位に達したのは氷見市の宇波川と滑川市の沖田川、黒部市の吉田川。午前8時の降り始めから午後5時までの降水量(速報値)は氷見市97ミリ、高岡市伏木92・5ミリ、富山市79ミリとなった。舟橋村を除く14市町に大雨警報、富山、高岡、射水、氷見、魚津、滑川、黒部、入善、上市、立山、舟橋の11市町村に洪水警報が出された。

上市町は、大岩川と上市川で避難判断水位を上回ったため、午後7時20分、新屋、舘、石仏、竹鼻の4地区約560人に避難指示を出し、柿沢、宮川の2公民館を避難所として開放した。避難指示は同8時に解除され、柿沢公民館に一時10人ほどが避難した。

立山町は、栃津川の水位が上昇し、午後7時5分に新川公民館を避難所として開放。同9時に閉鎖し、避難者はいなかった。

高岡市では、住宅や車庫、納屋などで床下浸水が10件あった。国道8号のアンダーパスなど7カ所で道路が通行止めとなった。

滑川市では、開と大榎の用水があふれ、近くの1軒ずつが床下浸水した。富山市牛島本町や氷見市園など県内各所で道路が冠水し、富山市の広田地下道と新屋地下道も浸水のため通行止めとなった。

JR西日本金沢支社によると、北陸線で特急列車28本、普通列車8本が運休し、6千人に影響した。午後7~8時台に金沢―大阪間と金沢―米原・名古屋方面で臨時列車を運行した。城端線では普通19本、氷見線で快速2本と普通列車17本、高山線で特急2本と普通17本が運休し、それぞれ540人、570人、610人に影響した。

あいの風とやま鉄道では午後5時35分から約3時間10分、呉羽―富山駅間で運転を見合わせ、上下線21本が運休した。

富山地方気象台によると、21日明け方にかけても強い雨の降る所がある見込みで、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けている。JR西日本は同日の始発から少なくとも11時ごろまで、城端線と氷見線、高山線の運転を取りやめる。《北國新聞》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【全国高校野球選手権大会】

全国高校野球選手権大会第13日は20日、甲子園球場で準決勝が行われ、仙台育英(宮城)と下関国際(山口)が決勝へ進んだ。仙台育英は夏は7年ぶり3度目の決勝進出で、東北勢として春夏を通じて初優勝を狙う。下関国際は春夏を通じて初の決勝進出で初制覇、山口県勢としては、夏は1958年の柳井以来64年ぶり2度目の優勝を目指す。

仙台育英は聖光学院(福島)に18―4で大勝し、大会初となった東北勢同士の準決勝を制した。

下関国際は今春の選抜大会準優勝の近江(滋賀)に8―2で快勝した。山口県勢が決勝に進むのは85年に準優勝した宇部商以来37年ぶり。《共同通信》

【プロ野球・20日】

楽5―2ロ

楽天が逆転勝ち。0―2の六回に鈴木大の適時打と浅村の二塁打に失策が絡んで追い付き、島内の2ランで勝ち越した。田中将は7回2失点で7月30日以来の7勝目、松井裕が25セーブ目を挙げた。ロッテはロメロが4失点で7敗目。

ソ9―3日

ソフトバンクが2点を追う四回に一挙7点を奪い逆転勝ち。ガルビスの2点二塁打、佐藤直のプロ1号2ラン、柳田の2点打など6安打を集めた。武田が七回途中3失点で2勝目。日本ハムは5連敗で負け越しが今季最多の21となった。

西0―6オ

オリックスは二回に頓宮の適時二塁打で1点を先制し、七回に再び頓宮の適時二塁打で2点目。八回は宗の3ランなどで4点を加えた。宮城が8回5安打無失点で8勝目を挙げた。西武は好投の先発与座を打線が援護できず、2連敗。

中2―7ヤ

ヤクルトは打線が11安打で7得点し快勝した。二回にオスナの左前適時打と押し出し死球で2点を先制。その後は村上の2本塁打などで加点した。原は6回1失点で7勝目。中日は小笠原が粘れず、打線もつながりを欠いた。

D6―5広

DeNAが競り勝ち、今季初の5連勝。5―5と追い付かれた直後の八回にソトの二塁打を足場に攻め、2死から代打伊藤が勝ち越し打を放った。広島は3連敗。七、八回と得点して粘ったが、九回1死三塁の同点機を生かせなかった。

巨1―5神

阪神が3連勝で2年連続の巨人戦勝ち越しを決めた。二回に梅野の適時打で先制し、三回は佐藤輝が2ラン。四回にも2点を奪った。藤浪は7回を投げ6安打1失点、無四球の好投で今季初勝利を挙げた。巨人は5連敗。《共同通信》

【J1】

明治安田J1第26節第2日(20日・エディオンスタジアム広島ほか=4試合)広島はベンカリファがハットトリックの活躍を見せ、松田新監督のG大阪を5―2で下し、3連勝で勝ち点を44に伸ばした。川崎はマルシーニョの3得点などで福岡を4―1で退け、同43とした。柏は1―1で清水と引き分け、同43。

鳥栖は2―1で札幌を下した。札幌は興梠のJ1史上2位に並ぶ通算161点目のゴールで先制したが、逆転負けした。《共同通信》

【COVID-19】

国内で20日、新たに25万3265人の新型コロナウイルス感染者が報告された。1日当たりの新規感染者数が25万人を超えるのは3日連続。内訳は東京2万5277人、大阪2万3098人、愛知1万7944人など。宮城、山形、鳥取、岡山、徳島の5県で過去最多を更新した。

死者は大阪28人、東京23人、愛知17人など計254人が確認された。

厚生労働省によると、全国の重症者は616人で前日から11人減った。

大阪や大分などで過去に公表された感染者の取り下げがあった。《共同通信》

【中国・北京】預金引き出し騒ぎ

北京市で20日、地元の主要銀行である北京銀行から預金を引き出そうと、市民らが行列をつくる騒ぎが発生した。一部の専用口座の引き出し規制が公表されたことをきっかけに不安が広がり、預金者らが各支店に押しかけた。経済が低迷する中、市民は金融危機の発生を警戒し敏感に反応するようになっている。

20日午前、市中心部の北京銀行支店前では、店に入りきれない30人ほどが行列した。従業員が「お金は引き出せます。2、3日すれば行列もなくなるから、それから来て」などと説明。同行は国有系で、ある市民は「国家を信用しても大丈夫ですよね」などと従業員に詰め寄っていた。《共同通信》

【トルコ】交通事故相次ぎ35人死亡

トルコ南部ガジアンテプで20日、交通事故の現場にバスが突っ込み、救急隊員や取材中だった記者、バスの乗客ら計16人が死亡した。南東部マルディンでも同日、事故現場にトラックが突っ込み、19人が死亡した。トルコメディアが報じた。

ガジアンテプでは高速道路の脇に車が転落する事故があり、救急隊員や記者らが集まっていた。マルディンでは高速道路で多重事故があり、トラックはブレーキが故障していて現場を避けられなかったとみられている。《共同通信》

【ウクライナ侵攻】

ロシア黒海艦隊司令部へ攻撃

ロシアが2014年に強制編入したウクライナ南部クリミア半島の中心都市セバストポリ市にあるロシア黒海艦隊の司令部で20日朝、爆発があった。市長は無人機攻撃を受けたと明らかにした。無人機は司令部の建物の屋根に衝突して炎上、大きな被害はないとしている。

クリミア半島では、ロシア軍基地などで爆発が相次いでおり、ロイター通信は19日、西側当局者の話として、サキ航空基地での9日の爆発で、黒海艦隊の戦闘機の半数以上が運用停止になったと伝えた。

司令部の攻撃については、先住民族クリミア・タタール人の自治組織「メジリス」のチュバロフ議長もFBで明らかにした。

首都の大通りにロシア戦車展示

ウクライナの首都キーウ中心街の大通りで20日、ウクライナに侵攻して破壊されたロシア軍の戦車などの展示が始まった。ウクライナでは旧ソ連からの独立を宣言した記念日を24日に控えており、国威発揚が狙い。25日まで展示される。

片側4車線の道路に戦車や装甲車など50台以上が500メートルほどにわたってずらりと並べられた。砲台が吹き飛んだとみられる戦車に、フロントガラスが割れたままのトラック。ロシア軍のものであることを示す「Z」や「V」が記された車両もあった。

訪れた市民らは車両の前で腕組みをして記念撮影したり、子どもが運転席に座ったりしていた。《共同通信》

ロシア、EUのビザ停止案を批判

ロシアのショイグ国防相は20日、ウクライナ侵攻を理由にロシア人への観光ビザ発給を停止するべきだとの意見が欧州連合(EU)加盟国で出ているとして、「ナチスのような政策」だと批判した。タス通信が伝えた。

ショイグ氏はモスクワ郊外で開かれた「反ファシズム国際会議」で、「欧州諸国の高官たちが、全てのロシア人のEU入域を禁止しようという『ロシア嫌悪』運動に積極的に取り組んでいる」と述べ、ユダヤ人を差別して弾圧した第2次大戦当時のナチス・ドイツになぞらえて非難した。

また、ウクライナではロシア語やロシア文化などを禁止する「ネオナチ」の政策が進んでいたと主張した。《共同通信》

ロシア思想家の娘死亡

ロシアの首都モスクワ郊外で20日、乗用車が爆発し、思想家のアレクサンドル・ドゥーギン氏の娘ダリア氏が死亡した。複数のロシアメディアが伝えた。ドゥーギン氏はウクライナに侵攻するロシアのプーチン大統領の外交政策に影響を与えたとされる。

ウクライナメディアによると、ドゥーギン氏の同僚は通信アプリに、乗用車にはドゥーギン氏が乗る予定だったと投稿した。爆発で運転手も死亡した。

ダリア氏はウクライナ侵攻への支持を表明していた。米国や英国が制裁対象とした。《共同通信》

【ボクシング】

ボクシングのヘビー級世界3団体統一王者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が20日、サウジアラビアのジッダで元王者のアンソニー・ジョシュア(英国)と対戦し、2―1の判定で王座防衛を果たした。母国はロシアによる侵攻を受けており「祖国や国民、兵士のために勝利した」と話した。

35歳のウシクは昨年9月にジョシュアを破り、世界ボクシング協会(WBA)、世界ボクシング機構(WBO)、国際ボクシング連盟(IBF)の王座を獲得。2月に領土防衛隊に入隊したが、AP通信によると病院を訪れた際に負傷兵に促されて復帰を決めた。《共同通信》

【MLB】

米大リーグは20日、各地で行われ、エンゼルスの大谷は敵地デトロイトでのタイガース戦に「1番・指名打者」でフル出場し、4打数2安打で2試合ぶりのヒットをマークした。チームは3―4で敗れた。

カブスの鈴木はブルワーズ戦に「4番・右翼」で出場し、5打数1安打だった。チームは延長十一回タイブレークの末に6―5で逆転サヨナラ勝ちし、5連勝。《共同通信》



8月20日 その日のできごと(何の日)