平成10019日目

平成28年6月13日(月)

2016/06/13

【東京都・舛添要一知事】リオ五輪までの猶予求める

東京都の舛添要一知事は13日、政治資金流用問題を巡る都議会総務委員会の集中審議で、一部会派に不信任決議案提出の動きがあることに触れ「可決され選挙になれば8月のリオデジャネイロ五輪と重なる」として猶予を求めた上で、リオ五輪後に議会の判断を仰ぐ考えを示した。

複数の自民党幹部は13日夜、将来的に知事の辞職は避けられないとの認識を示し、辞職が不可避の情勢となった。

都議会自民党は14日午前にも、知事に辞職の判断を迫る時期などについて対応を協議する見通し。集中審議では、自民党を除く与党の公明党と野党各会派が辞職を求め、知事は給与を全額返上する意向を表明した。《共同通信》



【日経平均終値】1万6019円18銭(前週末比582円18銭安)

13日の東京株式市場は全面安のなか大幅続落した。日経平均株価の終値は、前週末比582円18銭安の1万6019円18銭。終値としては4月12日以来、2カ月ぶりの安値水準となった。《産経新聞》

【優香さん、青木崇高さん】結婚発表

優香(35)が俳優青木崇高(36)と結婚すると、双方の所属事務所が13日、マスコミ各社にファクスを送って発表した。

両事務所によると2人は15年10月、共演したNHK時代劇「ちかえもん」の衣装合わせで出会い、クランクアップ後の年明けに交際をスタートさせたという。青木のプロポーズを優香が承諾し、スピード婚を決めた。既に同居している。優香は妊娠しておらず、今後も仕事を続けるという。挙式、披露宴は未定。

婚姻届の提出日は「良き日を選んで」としているが、優香の誕生日の今月27日に婚姻届を提出する可能性もある。《日刊スポーツ》

【自民党】野中広務氏の復党を決定

自民党の党紀委員会は13日、2011年に離党した野中広務元幹事長(90)の復党を決めた。山東昭子委員長は記者団に対し、野中氏が京都府土地改良事業団体連合会長であることを挙げて「(参院選で)ご協力いただかなければいけない」と語り、土地改良関連団体の支持に期待を示した。谷垣禎一幹事長が13日、野中氏に復党手続きが完了したことを伝え、野中氏も応じる考えを示したという。

民主党政権が土地改良関連予算を大幅に削減したことを受け、全国土地改良事業団体連合会(全土連)の会長だった野中氏は11年4月、「国から補助金をもらっている団体の会長は政党色がない方がいい」として離党した。《朝日新聞》



6月13日のできごと