平成9802日目

平成27年11月9日(月)

2015/11/09

【兵庫県警】側溝からスカートの中をのぞき見、28歳会社員の男を逮捕

側溝に潜んで、上を歩く女性のスカート内をのぞき見ようとしたとして、兵庫県警生活安全特捜隊と東灘署は9日、県迷惑防止条例違反の疑いで、神戸市東灘区の会社員の男(28)を逮捕した。逮捕容疑は、8月16日午前7時50分ごろ、同市東灘区岡本1で、道路脇の側溝の中から、女性(37)のスカート内をのぞこうとした疑い。

同署によると、道路脇にある側溝は、幅約55センチメートル、深さ約60センチメートル。男は格子状の鉄製のふたを外して中に入って寝転び、ふたの下から路上を歩く女性の姿を見ていたという。被害女性が、ふたから髪の毛が出ているのを不審に思って、男の姿に気付いたという。男は「(同日)午前3時ごろから中に入って、スカートの中を見ていました」と容疑を認めているという。《神戸新聞》




【ミャンマー総選挙】スー・チー氏「勝利宣言」

2011年の民政移管後初となるミャンマー総選挙は9日も開票が続き、アウン・サン・スー・チー氏率いる最大野党・国民民主連盟(NLD)が全国で議席を伸ばしている。軍政の流れをくむ与党・連邦団結発展党(USDP)を抑えて単独過半数に迫る勢いで、同氏は事実上の「勝利宣言」を行った。国軍の政治支配が半世紀近く続いた同国で初の民主的な政権交代の可能性が高まっている。《読売新聞》

【大阪市長選】各候補が舌戦

大阪市長選が告示され、選挙戦2日目となった9日、各候補は街頭で舌戦を展開した。

地域政党・大阪維新の会公認の前衆院議員・吉村洋文氏は住之江区のスーパー前で、「市役所改革で財源を生み、医療、教育、福祉を充実させる。税金を市民の手に取り戻す」と主張した。

自民党推薦で、民主、共産両党が自主的に支援する前市議・柳本顕氏(41)は市役所前で、吉村氏が再挑戦を掲げる大阪都構想を批判し、「制度論だけではなく、政策で市政を元気にしたい」と訴えた。

元同氏北区長の中川暢三氏(59)は淀川区の商店街で「都構想の対立にしこりなく決着をつけられるのは、不偏不党の自分だ」と強調した。《読売新聞》

11月9日のできごと