平成6425日目

2006/08/11

【小泉純一郎首相】モンゴル大統領と会談

小泉純一郎首相は11日午後、ウランバートル郊外で、モンゴルのエンフバヤル大統領と昼食を共にしながら会談し、北朝鮮が核問題に関する6カ国協議へ早期に復帰するよう両国が連携して働き掛けていくことで一致した。《共同通信》

8月11日のできごと(何の日)【小泉純一郎首相】モンゴル大統領と会談

小泉総理は11日午前、第二次世界大戦後強制的に抑留され、祖国への帰還をのぞみながらモンゴルで亡くなられた方を偲び、日本人死亡者慰霊碑に献花しました。

その後、ウランバートル郊外で、モンゴル相撲、競馬、弓、伝統舞踊などの伝統的な祭であるミニナーダムを視察しました。

午後、モンゴルの伝統的な住居「ゲル」でエンフバヤル大統領主催の昼食会で会談し、今後更に政治、経済、文化のあらゆる分野で協力関係を進めていくことで合意しました。《首相官邸》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【谷垣禎一財務相】安倍官房長官を批判

谷垣禎一財務相は11日、京都府舞鶴市で開いた「首相実現を目指す決起大会」で講演し、消費税率の引き上げ幅や時期に関連し「自民党総裁選に立候補する者は、国の借金を雪だるま式に増やさないためにどうすればいいか言うべきだ」と、来年夏の参院選後に議論を先送りする意向の安倍晋三官房長官を批判した。《共同通信》

【この日の民主党】

鳩山幹事長、靖国問題や中東情勢について語る 定例会見で

鳩山由紀夫幹事長は11日午後、党本部で記者会見し、靖国問題や中東情勢などについて語った。

鳩山幹事長は冒頭、小泉首相が15日に靖国神社を参拝するとの報道について「きわめて憂慮をしている」と表明。過去に公約を破って30兆円を超える国債の発行を決めた首相が、国益に反する今回の問題については公約を守るとしていることは「国民から見ればおかしな話だ」と指摘し、「公人としての責任というものを全うされるべきだ」と批判した。

靖国神社の特殊法人化をめぐる議論については、A級戦犯の合祀問題に結論を出さずに解決するとは考えられないとした上、「歴史というものの重さをしっかりと直視する勇気を、今一度、日本人として持とうではないか」と呼びかけた。

鳩山幹事長はまた、イラクをはじめ、レバノン、イスラエル、パレスチナなど中東の情勢にも言及し「争いが激化しきな臭い状況が続いている」と分析。その上で、英国で大規模なテロ計画が発覚したことについて「無辜の市民の命を奪う、こういった形のテロは許しがたい行為。尊い命が損なわれず、事前に防がれたことは素直に喜びあいたいものだ」と述べた。

鳩山幹事長は、終戦記念日を迎えようとしている今、二度と戦争をおこさないという誓いを持つ国として、日本の役割が大きいと指摘。戦争の未然防止や、戦争状態の停止など、「問題に対して積極的な役割を日本政府が果たしてゆくべきではないか」などと考えを述べた。

このほか、鳩山幹事長は、長野県知事選、参院選での選挙協力、衆院補選への対応、首相の靖国参拝の影響について、記者からの質問に答えた。《民主党ニュース》



8月11日 その日のできごと(何の日)