平成5196日目

平成15年3月31日(月)

2003/03/31

【ヤンキース・松井秀喜外野手】メジャー初打席で初安打、初打点

米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜外野手(28)が31日、トロントでのトロント・ブルージェイズ戦に「5番・左翼」で公式戦デビュー。メジャー初打席でいきなり初安打初打点となる先制打を放ち、4打数1安打1打点で勝利に貢献した。試合はヤンキースが8−4で勝った。

Embed from Getty Images


【NHK連続テレビ小説・こころ】放送開始

3月31日のできごと(何の日)

【ドジャース・野茂英雄投手】開幕飾る

Embed from Getty Images

アリゾナ州フェニックスでは31日、3年ぶりの開幕投手を務めたロサンゼルス・ドジャースの野茂英雄投手がアリゾナ・ダイヤモンドバックスのランディ・ジョンソン投手に投げ勝ち、2年ぶりの完封勝利を収めた。試合はドジャースが8−0と圧勝した。《共同通信》

【イラク戦争】首都南80キロで地上戦

イラクの首都バグダッド南方カルバラ付近で共和国防衛隊の精鋭三個師団とにらみ合う米軍は31日、カルバラ南東のヒンディーヤで同防衛隊と激しい地上戦を展開、AP通信によると、イラク側の少なくとも55人が戦死、米軍が数十人を拘束した。

人口約8万人のヒンディーヤは首都から約80キロに位置し、開戦以来バグダッドに最も近い場所での本格地上戦となった。一部では町中の建物に小火器を撃ち込む激しい市街戦に発展した。

米軍は三師団の戦闘能力を壊滅させる攻撃を続行、特に生物・化学兵器の運搬手段となる短距離ミサイルなどの装備に集中して激しい空爆を加えている。《共同通信》

【大島理森農相】辞表提出

大島理森農相(56)は31日、元秘書の金銭授受をめぐる疑惑で監督責任を取って辞任することを決め、同日午後に小泉純一郎首相に辞表を提出し受理された。首相は後任に自民党山崎派の亀井善之元運輸相(66)の起用を決めた。首相は政権への影響を最小限に抑えるため早期決着を目指したが、調整が難航、決定は深夜にずれ込んだ。新農相の皇居での認証式は4月1日。

2001年4月の小泉政権発足以来、不祥事による閣僚の引責辞任は初めてで、閣僚後退は内閣改造を除くと、昨年1月の田中真紀子前外相に続き2人目。国民の批判が強い「政治とカネ」問題が原因で政権にとって大きな打撃となる一方、統一地方選への影響も必至だ。《共同通信》

【小泉純一郎首相】参院与党幹部と懇談

小泉純一郎首相は31日、都内のホテルで参院の与党幹部らと懇談し、有事関連法案と個人情報保護法案の審議が後半国会の焦点との認識で一致、成立に全力を挙げることで一致した。首相は2003年度予算の年度内成立に対し「お礼を申し上げる」と述べ、重要法案にも与党が一致結束して成立に取り組むよう協力を求めた。《共同通信》



3月31日のできごと