平成4163日目

2000/06/01

【栃木リンチ殺人事件】宇都宮地裁、主犯格に無期判決

栃木県上三川町の会社員須藤正和さん(当時19)が少年グループの度重なるリンチの末に殺害された事件で、宇都宮地裁は1日、主犯格として殺人と死体遺棄の罪に問われた宇都宮市内に住む無職の少年(19)に対して、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

肥留間健一裁判長は「被告は、犯行直前の正和さんの電話に出た人物が警察だと名乗ったことから、両親が警察に行っていることが分かり驚きあわてた」などと犯行に至る経緯を認定。そのうえで、犯行は「残酷、非道で、被告らはまさに鬼と化していた」と述べた。この事件では、捜査着手の遅れに加え、警察の不用意な対応が殺害の一因になったと正和さんの両親が批判、県警が謝罪している。

判決によると、少年はいずれも19歳の仲間2人=分離公判中=と共謀し、昨年9月から12月にかけ、正和さんを車で連れ回し、全身に熱湯のシャワーを浴びせるなどせい惨なリンチを加えた。12月2日、発覚を恐れてネクタイで正和さんの首を絞めて殺し、市貝町の山林に穴を掘り遺体の上にセメントを流し込むなどして埋めた。《朝日新聞》

【自民党・野中広務幹事長】衆院選安定多数で「森首相続投」

自民党の野中広務幹事長は1日、党本部での共同通信とのインタビューで、衆院選の勝敗ラインについて(1)自公保3与党として安定多数の254(2)自民党は229、の議席数を示した上で「これを上回れば森喜朗首相の続投は当然だ」と述べ、首相の続投ラインをより明確にした。《福井新聞》

6月1日/のできごと