平成3123日目

平成9年7月27日(日)

1997/07/27

【 Jリーグオールスター戦】西軍4-1東軍

サッカーのJリーグオールスター戦は27日、雨の降り続く神戸ユニバー記念競技場に約2万2000人の観客を集めて行われ、エムボマ(G大阪)のハットトリックの活躍などから西軍が4−1で東軍を下した。

前半から攻撃陣にストイコビッチ(名古屋)森島(C大阪)らタレントをそろえた西軍のペース。開始直後に先制したエムボマは38分にもラモス(京都)からのパスを受けて2点目を決め、後半5分には3点目をけり込んだ。急造の守備陣も健闘し、東軍の反撃をジョルジーニョ(鹿島)の1点に抑えた。《共同通信》

祭典のため、プレッシャーが少なく、選手が十分に持ち味を出した。特に攻撃陣の能力が高かった西軍は存分に力を発揮した。西軍は前半開始直後のエムボマの先制点で勢いに乗り、38分には左サイドを崩し、ラモスが絡んでエムボマが2点目。41分にもストイコビッチのセンタリングに森島が頭で合わせて追加。エムボマは後半5分にハットトリックを達成した。攻守にわたるドゥンガの存在も大きく、急造守備陣で東軍の強引な攻めを止めた。《共同通信》



【池田行彦外相】米国務長官と会談

マレーシアを訪問中の池田外相は27日午前、米国のオルブライト国務長官とクアラルンプール郊外で約1時間、日米外相会談を行った。この中で、双方は、海外脱出したフンシンペック党の国会議員がカンボジアに帰還し、安全かつ自由な活動を保障されるよう同国政府に働きかけていくことで一致した。

これは第一首相選出人事が人民党のフン・セン第二首相の意向のままに行われるのではなく、民主的手続きを踏むよう日米両国が後押ししていく方針を示したものだ。また、日米双方は「来年5月に自由で公正な選挙が実施されることが重要」との認識でも一致した。《読売新聞》



7月27日のできごと