令和0712日目

2021/04/11

【ゴルフ・松山英樹選手】日本選手初のメジャー制覇

Embed from Getty Images

男子ゴルフのメジャー、マスターズ・トーナメントは11日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、2位に4打差11アンダーの首位でスタートした松山英樹(29)は安定したプレーを見せ、4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーの278で、2位のウィル・ザラトリス(米国)に1打差をつけて優勝。日本選手初のメジャー制覇をマスターズで達成した。

出だしの1番でボギーをたたいたが、すぐ2番のロングホールで取り返し、8、9番でもバーディーを奪った。後半は12、15、16、18番をボギーでスコアを落としたが、耐えるプレーで追いすがる2位以下を退けた。

松山はアマ時代の2011年に初出場して以来、10度目の出場で初のグリーンジャケットに袖を通した。これまでは15年の5位が最高。メジャーでは17年の全米オープンで2位になったことがあった。《産経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【COVID-19】国内新規感染2777人

国内の新型コロナウイルスの感染者は11日、新たに44都道府県と空港検疫で計2777人確認された。死者は17人で、重症者は前日から9人増えて520人となった。

東京都内では、新たに421人の感染が確認された。1日当たりの感染者は前週の日曜日よりも66人増え、11日連続で前週の同じ曜日を上回った。重症者は前日比2人増の39人。都によると、20〜30歳代が216人で全体の約半数を占めた。直近1週間の平均新規感染者は468人で、前週(389・7人)を20・1%上回った。

このほか、大阪府で760人、兵庫県で229人、埼玉県で139人、神奈川県132人、愛知県129人などの新規感染者が確認された。《読売新聞》

【プロ野球・11日】

楽0―2ソ

ソフトバンクが4連勝した。四回にデスパイネの適時二塁打で先制し、九回に中村晃の適時二塁打で加点。5投手で無失点リレーし、3番手の田浦がプロ初勝利。楽天は早川の六回途中1失点の好投を生かせず連勝が3で止まった。

ロ1―2西

西武が競り勝った。0―1の四回に中村の犠飛で追い付き、五回に山田の犠飛で勝ち越した。平井は7回1失点で8三振を奪いリーグトップの3勝目。平良、増田とつなぎ逃げ切った。ロッテは拙攻で内野ゴロの間の1点にとどまった。

オ4―4日

オリックスが土壇場で追い付き引き分けた。1―4の九回は代打T―岡田の適時打で1点を返し、2死二、三塁から宗の2点三塁打で同点とした。宮城は7回2失点。日本ハムは加藤が8回1失点と好投したが、玉井が誤算だった。

中2―1ヤ

中日は三回に福田の二塁打で先制し、六回は木下拓のソロで加点した。小笠原が7回1失点で今季初勝利を挙げた。祖父江が九回のピンチをしのぎ、リーグ最多に並ぶ5セーブ目。ヤクルトは田口が2敗目を喫し、勝率5割を切った。

D2―3神

阪神が3連勝。一回に大山の遊ゴロと失策で2点を先制。四回に中野の適時打で加点した。ガンケルが七回途中までソロ本塁打の1点にしのいで3勝目。スアレスは3セーブ目。DeNAは守りのミスが響き、3連敗となった。

広0―9巨

巨人が勝率を5割に戻した。一回に岡本和の1号2ランで先制し三回に大城の適時打、四回に松原の適時二塁打、亀井の適時打で2点を加え差を広げた。今村は7安打で3年ぶりに完封し開幕2連勝。広島は今季初の零敗を喫した。《共同通信》

【J1】第9節最終日

明治安田J1第9節最終日(11日・味の素スタジアムほか=8試合)首位の川崎は家長の2ゴールなどでFC東京を4―2で下し、4連勝で勝ち点を28に伸ばした。2位の名古屋は大分に3―0で完勝して同23。8試合連続の無失点でJ1記録を塗り替えた。

3位の神戸は古橋の得点で追い付いて清水と1―1で引き分けた。鳥栖は、監督交代に踏み切った最下位の横浜FCに3―0で勝って4位に浮上。浦和は徳島に1―0で競り勝って3連勝し、柏はG大阪を1―0で振り切って7試合ぶりの勝利を挙げた。仙台―横浜M、札幌―鹿島は引き分けた。《共同通信》

【ラグビー・トップリーグ】最終節最終日

ラグビーのトップリーグ(TL)最終節最終日は11日、東京・駒沢陸上競技場などで4試合が行われ、レッド・カンファレンスは首位サントリーがNTTコミュニケーションズに94―31で大勝してリーグ戦を7戦全勝で終え、1位でプレーオフトーナメントに進んだ。トヨタ自動車はクボタに25―24で競り勝って6勝目(1敗)を挙げて2位。クボタは5勝2敗の3位となった。

東芝はサニックスに49―14で快勝して3勝4敗。ホワイト・カンファレンスのキヤノンはNECに71―24で大勝した。《共同通信》

【競馬】第81回桜花賞

第81回桜花賞(11日・阪神11R1600メートル芝18頭、G1)2番人気のソダシ(吉田隼人騎乗)が優勝した。2着は1番人気のサトノレイナス、3着はファインルージュだった。

【福岡県知事選】服部誠太郎氏が初当選

前知事の辞職に伴う福岡県知事選は11日投開票の結果、前副知事の服部誠太郎氏(66)=自民、立民、公明、社民推薦=が、元福岡市議の星野美恵子氏(70)=共産支持=を破って初当選を果たした。無所属新人同士の一騎打ちを制した。投票率は29.61%で、過去最低だった2015年の38.85%を9.24ポイント下回った。

原発性肺腺がんを公表して辞職した小川洋前知事の10年間の県政運営を継続するかどうかや、新型コロナウイルス対策が争点だった。前知事の路線継承を掲げた服部氏は、連合福岡や県農政連の支援も受け、選挙戦を優位に展開した。《共同通信》

【鹿児島県・悪石島】地震続く

鹿児島県の悪石島やその周辺で9日深夜から地震が相次ぎ、11日までに震度4の地震が計4回起きた。震度3〜1の地震は計160回以上あった。鹿児島地方気象台によると、震源地はトカラ列島近海で、今後数日間は地震が続く可能性があるとしている。

気象庁によると、11日午前5時40分ごろと午後9時ごろ同県十島村の悪石島で起きた震度4の地震は、いずれも震源の深さが約20キロ。地震の規模は、それぞれマグニチュード(M)4.5と4.4と推定される。《共同通信》



4月11日 その日のできごと(何の日)