2019 平成31年3月19日(火)のできごと(何の日)

平成11028日目

平成31年3月19日(火)

2019/03/19

【静岡地裁・山田直之裁判長】女性に乱暴した男性に無罪判決

静岡県西部の女性(25)に乱暴し、けがを負わせたとして強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍、浜松市中区の男性工員(44)の裁判員裁判判決公判で静岡地裁浜松支部は19日、無罪(求刑懲役7年)を言い渡した。山田直之裁判長は「被告人が、自身の暴行が(女性の)反抗を著しく困難にする程度のものだと認識していたと認めるには合理的な疑いが残り、故意が認められない。犯罪の証明がない」などと判決理由を述べた。

山田裁判長は、男性の暴行が女性の反抗を著しく困難にする程度だったと認めた一方、女性が抵抗できなかった主な理由は、女性の「頭が真っ白になった」などとする供述などから「精神的な理由によるもの」と指摘した。男性からみると女性が明らかに分かるような形で抵抗を示すことができていなかったと認められると説明し、「被告人は相手の反応をうかがいながら行動をエスカレートさせ、拒絶意思を感じた段階で行為をやめたとも評価できる」と述べた。

無罪判決を受け、静岡地検浜松支部の中沢康夫支部長は「判決内容を検討の上、適切に対応したい」とコメントした。《静岡新聞》




【JOC・竹田恒和会長】6月任期満了での退任を表明

2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動にかかわる不正疑惑でフランス司法当局の捜査対象となっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)は19日、東京都内で開かれた理事会で、6月27日の任期満了で理事を退任する意向を表明した。

国際オリンピック委員会(IOC)委員も辞任することになる。竹田氏は「次代を担う若いリーダーに託したい」と述べた。《読売新聞》

【立憲民主党・蓮舫副代表】JOC竹田会長の退任表明に「辞めて済む話ではない」

立憲民主党の蓮舫副代表(51)が19日、ツイッターを更新。2020年東京五輪招致疑惑でフランス司法当局の捜査対象となっているJOCの竹田恒和会長(71)が都内で会見し、6月の任期満了で退任すると表明したことを受けて「辞めて済む話ではない」と、その背後にある疑惑の真相究明を求めた。

蓮舫氏は「招致に絡んだ贈賄容疑の訴追に向けて仏の司法当局が予審手続を開始とメディアに報じられた直後の1月の記者会見はわずか数分で言いっ放しで打ち切り。きちんと説明、記者との質疑をまずは行うべき話です」と、非難を浴びた“質疑なしの数分会見”を俎上にあげながら、竹田会長の姿勢を断罪した。《デイリースポーツ》

【西野カナさん】結婚発表

「会いたくて 会いたくて」「トリセツ」などで知られる歌手の西野カナさん(30)は19日、結婚したことを、自身の公式ホームページで発表した。

相手は以前から交際していた一般男性で、西野さんが30歳になった18日に結婚したという。「お互いに助け合い、楽しい家庭を築いていきたいと思います」とコメントしている。《読売新聞》

【すかいらーく】ファミレス3200店、全面禁煙へ/b>

ファミリーレストラン大手すかいらーくホールディングス(HD)は19日、ガストやジョナサンなどの国内約3200店舗を9月から全面禁煙にすると発表した。家族での来店が増えているほか、店舗で働くアルバイトの約3割が未成年で、従業員の健康のためにも全面禁煙化が望ましいと判断した。

改正健康増進法が2020年に全面的に施行されると、飲食店内は原則として禁煙になる。喫煙を認める場合は専用室が必要になり、改装費などコストがかかる。

家族連れが多い日本マクドナルドが既に全面禁煙にしているほか、居酒屋チェーンの串カツ田中ホールディングスでも、大半の店舗を禁煙にしている。大手ファミレスが全面禁煙化に踏み切ったことで、多くの飲食店が追随する可能性がある。《読売新聞》

【マンガ大賞2019】篠原健太氏「彼方のアストラ」

書店員らマンガ好きの有志が投票で選ぶ「マンガ大賞2019」が19日発表され、篠原健太さんの「彼方のアストラ」(集英社)に決まった。同作は、惑星キャンプに向かった高校生ら9人が異変で遠方の宇宙に飛ばされ、友情と団結の力で故郷に帰還するための旅に挑む熱血冒険SF。

【MLB・エンゼルス】マイク・トラウト外野手と477億円で合意

米大リーグ、エンゼルスのマイク・トラウト外野手(27)が、個人の契約としては米プロスポーツ史上最高となる総額4億3千万ドル(約477億円)以上の12年契約で合意したと、複数の米メディアが19日、伝えた。

フリーエージェント(FA)になるのは早くても2020年オフだったが、新たに今季から30年まで契約を延長した。

トラウトは昨季まで7年連続でオールスター戦に選出。12年に最優秀新人、14、16年に最優秀選手に輝いている。通算成績は1065試合で打率3割7厘、240本塁打、648打点。《共同通信》

【熊本市・緒方夕佳市議】子連れ出張経費は政活費?

熊本市議会の緒方夕佳市議(43)が幼い子を連れて出張した際に、身の回りの世話を担当した同伴者の旅費を巡り、政務活動費の対象とすべきかどうかで議会事務局と市議の間で見解が平行線をたどっていることが、19日分かった。

市議会の政活費使途基準には、同伴者についての規定がない。だが事務局は「(緒方市議は)政治資金収支報告書に記しており、政活費の使途であれば不適切だ」と指摘する。一方の緒方市議は、実際には自己負担で同伴者の旅費を賄ったと説明。「本来は政活費で賄われるべきものだ。子育て世代が政治に参加しやすい環境づくりのため、報告書に支出を記載した」と問題提起する。《共同通信》

【安倍晋三首相】沖縄県・玉城デニー知事と会談

沖縄県の玉城デニー知事は19日、安倍晋三首相と官邸で会談、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の工事中止を要請し、1カ月程度の協議の場を設けるよう求めた。協議の場に関し、首相は明確に回答せず「普天間の危険性除去のための辺野古移設については、さまざまな協議や確認を経て進めている」と述べた。会談後、玉城氏が記者団に明らかにした。

玉城氏は、県が国の工事差し止めを求めた訴訟の上告について、取り下げる方針も伝えた。記者団に「訴訟合戦ではなく、対話のための環境づくりに努めたい」と説明した。

玉城氏と首相の会談は1日以来で、昨年10月の知事就任後4度目。《共同通信》




3月19日のできごと

シェアする

フォローする