平成10023日目

2016/06/17

【民進党・枝野幸男幹事長】東電報告書「不十分かつ一方的」

東京電力福島第1原発事故に関する同社の第三者検証委員会報告書について、当時の官房長官だった民進党の枝野幸男幹事長が17日、国会内で記者会見し、枝野氏や菅直人首相(当時)ら首相官邸の政治家へ聞き取りがなかったとして、「不十分かつ一方的」と批判した。参院選を控えるため、「目前に公表することは選挙妨害との疑いも免れない」とも指摘し、東電や委員会への法的措置も検討する考えを示した。

報告書によると、東電の清水正孝社長(当時)は事故発生から2日後の2011年3月13日午後2時ごろ、首相官邸で菅、枝野両氏らと会談。清水氏は翌14日、「官邸からの指示により、この言葉(炉心溶融)を使わないように」と社員を経由して武藤栄副社長(当時)に伝えたという。

枝野氏は「『炉心溶融』という言葉を使わないよう指示した事実はない」と反論。「13日午前11時からの記者会見で、炉心溶融の可能性を認めており、その言葉を使わないよう指示するのは考えられない」と主張した。

また、「官邸側」という言葉について、「(当時官邸で執務した)東電職員も含めて使われて誤解を招いてきた。無責任に『官邸側』という言葉を使うのは不誠実だ」とも語った。《毎日新聞》




【神戸・須磨区】100円ショップに100円強盗

17日午後7時ごろ、神戸市須磨区の100円ショップ「ザ・ダイソー板宿店」に男が押し入り、レジにいたアルバイトの女性店員(23)に果物ナイフのような刃物を突き付けて「金を出せ」と脅迫。店員が100円硬貨1枚を男に手渡すと、男は逃走した。兵庫県警須磨署が強盗事件として捜査している。

同署によると、店員は強盗に驚き、とっさにレジ横の棚に置いてあった100円硬貨をつかんで渡したという。男は自転車で逃走。青色のTシャツに半ズボン姿で、中高生くらいとみられるという。《産経新聞》

【プロ野球・広島】延長十二回サヨナラ勝ちで4連勝

広島6-4オリックス◇17日◇マツダスタジアム

オリックスは3回、T-岡田の適時打と広島ルナの失策で2点を先取。広島は3回まで毎回安打を放つも適時打が出ず無得点。 オリックスは5回に再来日のクラークが今季初安打となる1号を放ち追加点。広島は6回まで7安打を放つも、無得点に終わる。

広島は8回に松山の2点二塁打、9回にはルナの2点二塁打で4-4の同点に追いついた。試合は延長戦に突入した。広島は延長12回無死二塁で、鈴木のバットからサヨナラ8号2ランが飛び出した。7番手のヘーゲンズが3勝目。《日刊スポーツ》

【東京都・舛添要一知事】定例会見を欠席

今月21日付で辞職する東京都の舛添要一知事は17日登庁せず、毎週金曜日に開かれる定例記者会見を欠席した。知事は事前に欠席する意向を示していたが、会見を主催する都庁記者クラブは「理由なく欠席することは認められない」として出席を求めていた。

舛添知事は15日の都議会本会議で辞職のあいさつを述べた後、報道陣の取材に応じていない。都によると、知事は20日に登庁して残務整理を行うが、最終日の21日は登庁しない予定という。《読売新聞》

6月17日/のできごと