平成9615日目

2015/05/06

【箱根ロープウェイ】箱根山の噴火警戒レベル引き上げで運休に

箱根山(神奈川県)の噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられたのを受け、箱根町は6日、大涌谷につながる県道734号の約1キロを通行止めにし、箱根ロープウェイが運休になったと発表した。

大涌谷周辺の遊歩道もすべて閉鎖され、大涌谷は立ち入り禁止になった。町は6日午前6時10分に防災行政無線で規制開始を伝え、6時半から通行止めなどの規制を始めた。町は箱根ロープウェイの早雲山―姥子の運休を要請したが、運行する会社は全線を運休にした。大涌谷の観光施設やおみやげ店もすべて閉鎖される。《朝日新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【中谷元・防衛相】豪・アンドリュース国防相と電話会談

中谷元・防衛相は6日、オーストラリアのアンドリュース国防相と電話会談し、同国が新たに導入する潜水艦の発注手続きへの参加に前向きな意向を示した。アンドリュース氏からの要請に対し「関係省庁間で検討していきたい」と述べた。

アンドリュース氏の呼び掛けは、潜水艦の選定作業の一環。2月には発注先候補として日本、ドイツ、フランスの3カ国を指名し競わせている。

中谷氏は、新たな日米防衛協力指針(ガイドライン)をアンドリュース氏がいち早く歓迎したことに謝意を伝達。米国を加えた3カ国連携の重要性でも一致した。《共同通信》

【この日の安倍総理】

静養終え帰京

安倍首相、7日から公務復帰/山梨での静養終了
2015/05/06 19:17

安倍晋三首相は6日、山梨県内での3泊4日の静養を終え、東京都内の私邸に戻った。7日から公務に復帰。別荘滞在中、4日から3日間連続でゴルフを満喫した。後半国会で本格化する安全保障関連法案の審議を前に、充電を図ったようだ。

大型連休の最終日となった6日、首相は山梨県山中湖村のゴルフ場で経団連の御手洗冨士夫名誉会長や榊原定征会長らとプレーを楽しんだ。首相はショットの度に笑顔を見せるなど、和やかな雰囲気でコースを回った。

首相は米国訪問から3日に帰国した後、山梨県鳴沢村の別荘に入った。

【WBAスーパーフェザー級タイトル戦】内山高志選手、10度目の防衛に成功

スーパー王者内山高志(35=ワタナベ)が、日本人の世界王者で3人目となる10度目の防衛に成功した。東洋太平洋同級王者で同級7位のジョムトーン(タイ)と対戦。2回に右ストレートでダウンを奪い、1分15秒カウントストップによるTKO勝ちを収めた。35歳5カ月で、国内ジム所属王者の最高齢防衛記録も更新。陣営は次戦で海外防衛戦、統一戦などのビッグマッチを目指す方針だ。内山は戦績を23勝(19KO)1分けとした。《日刊スポーツ》

【WBAライトフライ級タイトル戦】田口良一選手、初防衛に成功

ライトフライ級王者の田口良一(28)=ワタナベ=は同級14位でWBAミニマム級元王者のクワンタイ・シスモーゼン(33)=タイ=に八回36秒TKOで勝利を収め、初防衛に成功した。田口の戦績は25戦22勝(9KO)2敗1分け。《毎日新聞》

【ウクライナ大統領府・ポロシェンコ大統領】親ロ派は「4万人以上」

ウクライナ大統領府によると、ポロシェンコ大統領は6日、国家安全保障防衛会議で、政府軍との紛争を続ける東部の親ロシア派武装組織は「4万人以上いる」と述べた。ロシアが支える親ロ派の脅威が高まっており、国防力を強める必要性があると強調した。

ロシア軍については、ウクライナ東部に接するロシア側の国境地帯に「5万人以上集結しており、昨年7月の約1・5倍だ」と指摘し、親ロ派への武器・弾薬、燃料などの補給を続けていると語った。

大統領は将来的に北大西洋条約機構(NATO)加盟を目指す方針も重ねて表明した。《共同通信》

【イスラエル】連立政権で合意

3月のイスラエル総選挙後、連立協議を進めていた右派リクードのネタニヤフ首相は6日、極右政党「ユダヤの家」と連立政権を組むことで合意した。既に新党クラヌや宗教政党とも合意しており、国会定数120の過半数を確保、近く国会の承認を経て、ネタニヤフ氏が続投、連立政権が発足する見通しとなった。地元メディアなどが報じた。

ただ連立政権に参加表明した各党の合計議席数は過半数ぎりぎりの61にすぎず、ネタニヤフ氏は不安定なかじ取りを余儀なくされる可能性がある。

ユダヤの家は、パレスチナ問題の強硬派で、中東和平交渉の再開が遠のく恐れもある。《共同通信》



5月6日 その日のできごと(何の日)