2014 平成26年8月26日(火)のできごと(何の日)

平成9362日目

2014/08/26

【世界柔道・男子66キロ級】海老沼匡選手が3連覇

Embed from Getty Images

柔道の世界選手権第2日は26日、ロシアのチェリャビンスクで男女各1階級が行われ、男子66キロ級で24歳の海老沼匡(パーク24)が決勝でミハイル・プリャエフ(ロシア)に内股を決めて一本勝ちし、3連覇を果たした。初出場で21歳の高市賢悟(東海大)は準決勝と3位決定戦で敗れ、5位だった。

日本男子では藤猪省三が1970年代に中量級などで達成した4連覇が最多。3連覇以上は2003年まで3大会を制した100キロ級の井上康生以来、5人目となる。《共同通信》




【福島地裁】自殺原因は「原発事故」東電に賠償命令

2011年7月、東京電力福島第1原発事故で避難していた福島県川俣町山木屋地区のAさん(当時58)が自殺したのは「避難生活で精神的に追い詰められ、うつ状態になったため」として、遺族が東電に計約9100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福島地裁(潮見直之裁判長)は26日、東電に約4900万円の賠償を命じた。《共同通信》

【安倍晋三首相】9月3日に内閣改造

安倍晋三首相(自民党総裁)は26日午前、党本部での役員会に出席し、内閣改造と党役員人事の日程に関し、いずれも9月3日に断行する考えを表明した。「安全保障や地方創生など日本を取り戻す戦いの第2章が始まるので、人心を一新したい」と述べた。同時に、現執行部に対し「さまざまな成果を出してもらったが、まだ道半ばだ。今後も支えてほしい」と呼び掛けた。

内閣改造をめぐり、首相はこれまでに菅義偉官房長官の続投を明言しており、麻生太郎副総理兼財務相や甘利明経済再生担当相も留任させる意向だ。党人事では、石破茂幹事長ら主要メンバーを交代させる方向で調整している。《共同通信》

【米倉斉加年さん】死去

俳優、演出家の米倉斉加年(よねくら・まさかね)さんが26日、福岡市内で亡くなった。80歳。関係者によると、26日午後、腹部大動脈瘤破裂で倒れ、福岡市内の病院に入院したという。

劇団民芸の「ゴドーを待ちながら」などで宇野重吉さんの相手役などを務め、平成12年に退団するまで、劇団の中心俳優、演出家として活躍した。《産経新聞》

8月26日/のできごと

シェアする

フォローする