平成9361日目

2014/08/25

【第96回全国高校野球選手権】大阪桐蔭が4度目の優勝

第96回全国高校野球選手権大会最終日は25日、甲子園球場で決勝が行われ、大阪桐蔭が三重に4―3で逆転勝ちし、春夏連覇を達成した2012年以来、2年ぶり4度目の優勝を果たした。大阪勢の優勝は12度目。

大阪桐蔭は三回に香月の犠飛で2―2の同点に追い付いたが、五回に勝ち越しを許した。しかし七回に三重の左腕エース今井から四死球と安打で2死満塁とし、1番中村が中前に逆転の2点適時打を放った。

三重は初の決勝に臨み、二回に中林の2点二塁打で先制。五回には宇都宮の適時打で加点し、その後も再三得点圏に走者を進めたが、大阪桐蔭の福島を崩しきれなかった。《共同通信》




【世界柔道・女子48キロ級】近藤亜美選手が金メダル獲得

柔道の世界選手権は25日、ロシアのチェリャビンスクで開幕して男女各1階級が行われ、女子48キロ級で初出場の19歳、近藤亜美(三井住友海上)は決勝でパウラ・パレト(アルゼンチン)に優勢勝ちして優勝した。日本女子の10代での世界選手権制覇は谷亮子(当時田村)、前田桂子に次いで3人目の快挙。同級で日本勢の金メダルは2大会ぶりとなる。

男子60キロ級で21歳の高藤直寿(東海大)は2連覇を逃し、銅メダルだった。世界ランキング1位の高藤は準決勝で攻めながらも指導の差で惜敗。カザフスタン選手との3位決定戦は一本勝ちした。《共同通信》

【美濃加茂市長】逮捕から2ヶ月ぶりに保釈

岐阜県美濃加茂市の浄水設備導入をめぐる汚職事件で、事前収賄などの罪で起訴された市長、藤井浩人被告(30)が25日、逮捕から約2カ月ぶりに保釈され、勾留されていた名古屋拘置所を出た。

藤井市長は拘置所前で「市民の皆さんに多大なご心配とご迷惑を掛け申し訳ない。直ちに美濃加茂市に帰り、市長職に復帰します」と記者団に話した。 弁護団によると、保釈には、市幹部ら約30人との接触を禁止する条件が設定されているという。名古屋地裁は藤井市長の保釈請求を4回却下したが、弁護団の準抗告を23日に認めた。

市長は設備導入をめぐり、知人の会社社長から計30万円を受け取った容疑で6月24日、愛知、岐阜両県警に逮捕された。一貫して無実を主張している。《産経新聞》

【政府】「吉田調書」9月に発表

菅義偉官房長官は25日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故をめぐり、政府の事故調査・検証委員会が同原発の吉田昌郎元所長=昨年7月死去=から当時の状況を聞いた「聴取結果書(吉田調書)」について、非公開としていたこれまでの方針を転換し、9月のできるだけ早い時期に公開すると発表した。

政府は吉田氏以外の調書についても、本人の同意が得られたものから順次公開する準備を進めている。菅氏も「他の記録と照らし合わせが可能になる」と述べており、事故対応の検証が進みそうだ。《共同通信》

8月25日/のできごと