2004 平成16年10月2日(土)のできごと(何の日)

平成5747日目

2004/10/02

【京都府警】患者のツメをはがした女性看護助手を逮捕

京都市南区の救急病院で、入院患者のつめをはがしたとして、京都府警九条署は2日、同市西京区の看護助手A子容疑者(30)を傷害容疑で逮捕した。同容疑者は容疑を認めているという。この病院では9月30日にも別の女性患者数人の手足のつめがはがされる事件があり、同署は関連を調べている。

調べによると、A子容疑者は2日午前11時40分ごろ、脳内出血で入院中の女性患者(76)の左手の中指、薬指、小指のつめをはがし、約3週間のけがを負わせた疑い。女性患者は、声が出せない状態だった。

 

A子容疑者は事件の約10分後に「患者のつめがはがされている」と報告し、病院が九条署に通報した。

A子容疑者は3月、人材派遣会社から派遣され、患者の介助をしていた。《読売新聞》




【大牟田4人殺害事件】容疑者一家の長男逮捕

福岡県大牟田市の連続殺人・死体遺棄事件で、県警は2日、死体遺棄容疑で逮捕した無職A容疑者(20)の共犯として、新たに兄のB容疑者(23)を同容疑で逮捕した。

調べによると、B容疑者らは共謀のうえ、9月18日早朝、同市沖田町の諏訪川にかかる馬沖橋から、大牟田北高一年、Tさん(15)の遺体を川に投げ込んだ疑い。遺体には、首と両足の三か所にロープでブロックの重りが付けられていた。

一連の事件では、Tさんの母Sさん(58)、兄で九州情報大一年、Rさん(18)、その友人で大牟田南高定時制二年、Hさん(17)の3人も同23日、諏訪川に沈んだ軽乗用車の中から、遺体で見つかった。

B容疑者は、同容疑で逮捕された母親のM容疑者(45)と元夫との間の子。 A容疑者と同様、幼少のころから大柄で、大牟田市内の中学校を卒業後、1996年3月、相撲部屋に入門した。しかし、左目を負傷するなどして同年8月ごろ廃業。同市に戻ってからは、真美容疑者が経営する建設会社を手伝う一方、一時は地元暴走族のリーダーとして目立っていたという。《読売新聞》

【小泉純一郎首相】イチロー外野手「すごいの一語」

小泉純一郎首相は2日、米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手がシーズン最多安打の新記録を樹立したことについて「もうすごいの一語に尽きるね。天賦の才能に加えて人一倍の努力、偉大だね。心からお祝い申し上げたい」と祝福した。《福井新聞》

10月2日/のできごと

シェアする

フォローする