平成4998日目

2002/09/14

【功明ちゃん誘拐殺人事件】公訴時効成立

1987年9月、群馬県高崎市筑縄町の消防署員Hさん(58)の長男で幼稚園児の功明ちゃん=当時(5)=が誘拐、殺害された事件は14日午前0時で時効(15年)を迎える。戦後に発生した身代金目的の誘拐殺人では唯一の未解決事件となる。

発生時から捜査に当たった群馬県警幹部は「断腸の思い。言葉に言い表せないほど悔しい」と語った。功明ちゃんは87年9月14日夕、「神社に遊びに行く」と自宅を出て行方不明になった。

男の声で現金2000万円を要求する電話などが自宅にあったが、2日後の16日午後零時半に自宅から約6キロ離れた寺沢川で遺体が見つかった。高さ13メートルの橋から生きたまま投げ落とされていた。《時事通信》




【北海道・サロマ湖】遊漁船転覆、2人死亡5人不明

14日午前、サロマ湖湖口近くで遊漁船「はやぶさ」(長さ8.69メートル)が横波を受けて転覆、沈没し、乗っていた10人全員(いずれも自衛隊員)が海に投げ出された。5人が救助されたが、このうちNさん(49)とKさん(37)の2人が死亡、5人が行方不明。紋別海上保安部(木田祐二部長)の巡視船「そらち」などが夜通しで現場海域で捜索を続けている。

同保安部などの情報によると、10人はいずれも旭川の陸上自衛隊北海道補給所近文台燃料支処の自衛官と技官。同船は亡くなったNさんが旭川の知人から借りていた。

同船はこの日早朝にサロマ湖内の登栄床漁港を出港、オホーツク海でカレイ釣りをして、同漁港に戻る途中に転覆した模様。事故当時、海面は海上はうねりが高かった。《北海民友新聞》

9月14日/のできごと