平成4099日目

平成12年3月29日(水)

2000/03/29

【自由党・小沢一郎】選挙協力次第で連立離脱

自由党の小沢一郎党首は29日夕、党本部での全議員懇談会で、連立政権からの離脱問題について、選挙協力に関する自民党からの再回答を待って小渕恵三首相との党首会談に臨み、結論を出す意向を表明した。保守新党結成を首相に迫ったことも明らかにした、《共同通信》



【小渕恵三首相】財政再建「国民負担で」

小渕恵三
https://www.kantei.go.jp/

小渕恵三首相は29日午後、参院で開かれた党首討論で、将来的に財政再建路線に移行する場合には「国民が保有している1400兆円の(金融資産の)中で、どのように国民の理解を得るか考えていかないといけない」と述べ、財政再建に関しては国民に負担増を求める可能性を示唆した。《共同通信》

【北海道・有珠山】噴火の恐れが高いとして住民8000人に避難勧告

噴火の可能性が高まっている北海道の有珠山(732メートル)は29日以降、ふもとの壮瞥町で震度5の地震を3回観測するなど活動がさらに活発化した。北海道防災会議火山専門委員会は「一両日中、長くても一週間以内に噴火する可能性が高い」との見解を示した。

これに先立ち同日午前、室蘭地方気象台が、生命、身体にかかわる火山活動に相当する「緊急火山情報」を出したため、伊達市、虻田町、壮瞥町は住民ら約8000人に避難勧告を出した。《共同通信》

【東京地裁】元オウム真理教顧問弁護士に懲役12年

オウム真理教の信者脱会を支援したり教団相手の訴訟を手がけたりしていた滝本太郎弁護士(43)を狙ったサリン襲撃事件をはじめ計8事件で、殺人未遂などに問われた元教団顧問弁護士、A被告(40)の判決公判が29日、東京地裁で開かれた。

永井敏雄裁判長は「弁護士の良心を捨てて行動しながら、それを正義と強弁する破滅的な道を突き進み、常習的に違法行為を重ねた責任は重大」として、懲役12年(求刑15年)を言い渡した。《共同通信》



3月29日のできごと