平成2544日目

平成7年12月26日(火)

1995/12/26

【オウム裁判】林郁夫被告、初公判

地下鉄サリン事件など6つの事件で起訴された元医師のオウム真理教元幹部林郁夫被告(48)の初公判が26日、東京地裁(三上英昭裁判長)で開かれ、元幹部MT被告(30)逃走を助けたとされる事件(犯人隠匿・隠避罪)と、元信者KT被告(45)の長女(20)、元ピアニストの女性(24)を監禁したとされる事件(監禁罪)が審理された。

林被告は意見陳述で「私が一連の事件に加担したことは弁解の余地が無い」と述べ、地下鉄事件を含む6件の起訴事実を認めた。

審理対象の3事件の罪状認否では「その通り間違いありません。(長女や女性に)つらい苦しみを負わせ申し訳ない」と全面的に認め「迷惑をかけた多くの方々に何とおわびしてよいか申し訳ない。裁判でありのままを述べることが人間の責任と考えています」と謝罪した。

林被告は地下鉄千代田線の車内でサリンを発散させた実行犯で、麻酔剤を使った信者らの「洗脳」や監禁など教団の薬物不正使用の中心人物とされる。地下鉄サリンと目黒公証役場事務長Kさん=当時(68)=監禁致死、麻酔剤密造の計3事件は、次回以降の公判で審理される。

検察側冒頭陳述によると、林被告は3月19日、目黒公証役場事務長拉致監禁致死事件に関与したMT被告の両手の指紋を手術で消去した上、同月22日朝、八王子市内のカプセルホテルで見たテレビニュースでMT被告の指名手配を知り、一緒にいた幹部新実智光被告(31)とともにMT被告を地方にかくまおうと決定。4月8日まで東京都内のホテルや石川県穴水町の貸別荘などにかくまい、顔の整形手術をするなどした。

また昨年12月5日、KT被告の長女に睡眠薬入りジュースを飲ませて山梨県上九一色村の教団施設に連れ込み、麻酔剤チオペンタールナトリウムを点滴するなどして今年1月23日まで監禁するなどした。

「わたしが一連の事件を実行した事実、これに加担した事実は弁解の余地はなく…」オウム真理教元幹部林郁夫被告は26日の初公判で、地下鉄サリン事件を含めた教団犯罪の被害者に謝罪の言葉を繰り返した。細い声は度々途切れ涙で鼻を詰まらせた。

午前10時前、104号法廷に姿を現した林被告は白いワイシャツにグレーのスーツ。髪を七三にきちんと整え、細面の色白の顔に金縁眼鏡。逃亡先の石川県で逮捕されたときの無精ひげはない。 大きく一礼して裁判長の前に立ち、口元を引き締めた表情を変えないで人定質問や黙秘権の告知に一つ一つうなずいた。

起訴事実について「3件ともその通り間違いありません」と認めた後、上着のポケットからメモを取り出して意見陳述。「被害者に苦しみを負わせ申し訳ない」「一連の事件への加担を深く悔悟、反省しております」と読み進むうちに声は次第に上ずり「ご迷惑を掛けた多くの方々にも…」と言葉を詰まらせた。《共同通信》



【ボクシング・井上拓真さん】誕生日


https://www.youtube.com/

【全日本バレーボール協会】松平康隆会長が退任

一部週刊誌で金銭疑惑を取りざたされている日本バレーボール協会の松平康隆会長(65)は26日、大阪市内のホテルで開かれた理事会で辞任を申し出、了承された。理由は健康上の問題とし、疑惑については全面的に否定したが、疑惑報道をきっかけに噴出した協会内部の不満に押し出された格好で、7年間にわたった「松平ワンマン体制」は終わった。

同時に小山勉専務理事(59)の辞任も決まった。後任人事については、会長、専務理事を当面置かず、喜島慶一郎副会長(70)が会長代行を兼務し、この日設置した選考委員会で新会長、専務理事の選考を進めることになった。《共同通信》

【石川県】今冬一番の冷え込み

26日の石川県内は、強い冬型の気圧配置と居座り続ける寒気の影響で、朝方の最低気温はで氷点下1.7 度(平年1.8度)、輪島では氷点下2.7度(同1.3度)を記録、この冬一番の寒さとなった。積雪も午前9時までに白峰で75センチに達したほか、鳥越で13センチ、金沢で2センチ、輪島でも2センチを記録した。

厳しい冷え込みによる路面凍結で、25日夜から26日朝にかけて石川県内で180件を超すスリップ事故が発生。金沢市内では、早朝からのろのろ運転の車が長い列を作った。

金沢地方気象台は前日から引き続いて、県内全域に波浪警報と風雪、雷注意報を、加賀地方には大雪、雪崩注意報を加えて発表し、警戒を呼び掛けている。

金沢地方気象台によると、27日の石川県内も引き続き冬型の気圧配置となり、寒気も居座り続けるため、厳しい寒さと雪模様の天気が続くとしている。

県警交通企画課によると、25日午後5時から26日午前7時までに、県内でスリップが原因とみられる物損事故が168件、人身事故が15件あった。特に20日夕方から夜にかけては金沢市内で事故が続発、信号待ちの車への追突や、車線変更の際に衝突するなど金沢中署管内で45件、金沢東署管内で62件など計123件を数えた。《共同通信》

【山形マット死事件】両親が1億9400万円賠償請求

山形県新庄市の市立明倫中学の体育館用具室で平成5年1月、1年生のK君=当時(13)=が体育用マット内で死亡していた事件で傷害と監禁致死容疑で逮捕、補導された少年7人と新庄市に対し、K君の両親ら遺族が26日、総額約1億9400万円の損害賠償を求める訴訟を山形地裁新庄支部に起こした。

非公開の少年審判で7人に対する司法判断が「有罪」「無罪」に分かれ、少年法見直し論議まで起こした事件は、今後、民事の法廷に場を移して審理、判断されることになる。

訴えによると、K君は平成5年1月13日、同中学体育館用具室で、1、2年生だった少年7人から集団でいじめを受け、ロール状に巻いたマットに逆さに押し込まれ放置されたため、窒息死した。

また新庄市は生徒を保護監督すべき中学校や市教育委員会に適切な指導をしなかった安全配慮義務違反があり、少年と市の双方に賠償責任があるとしている。

事件では生徒3人が逮捕、4人が補導された。捜査段階では7人全員が「自白」したが、その後、非行事実を認め行政処分を受けた1人を除く6人が山形家裁で犯行を否認。逮捕の3人は5年9月までに同家裁で「アリバイが認められ、非行事実はない」として不処分と決まったが、補導された少年3人は有罪の保護処分となった。

ところが同年11月、仙台高裁が保護処分の3人の抗告を「非行事実あり」として棄却した際、審理の対象外の「無罪」が確定した3人についても「アリバイは認められない」と言及し、同家裁の不処分決定を疑問とする異例の判断をした。《共同通信》

【任天堂】インターネットに参入

任天堂は26日、世界的規模のコンピューター双方向通信であるインターネット事業に来年夏にも参入する方針であることを明らかにした。

同ネット検索ソフトで8割のシェアを握ると言われる米ネットスケープ・コミュニケーションズ社(カリフォルニア州)と提携し、来春発売の家庭用ゲーム機「NINTENDO64」用の拡張装置に使う通信ソフトを開発する。任天堂もホームページを通じてゲーム情報を発信したり、ソフトのユーザー同士が交流できる場を作る計画だ。

ゲーム市場は近年、ソニー・コンピュータエンタテインメントやセガ・エンタープライゼスなどの参入で混戦模様だが、任天堂はインターネットを利用することで失地回復を目指す。

これまでのゲームソフトは、読みだし専用メモリー(ROM)に組み込まれており、物語性のあるゲームなどで利用者が勝手に話の筋を変えることができなかった。このため任天堂は、ゲームに幅を持たせるには「ユーザーが自分の好みに応じてゲームの内容を書き換え、保存する拡張装置が必要」(山内溥同社社長)と判断した。《共同通信》

【天海祐希さん】宝塚退団

宝塚歌劇団月組のトップスター天海祐希さん(28)が26日、東京都千代田区の東京宝塚劇場での公演を最後に退団した。

天海さんは東京都出身。昭和62年初舞台。172センチの長身、恵まれたプロポーションで、天性の華を持つ「10年に1人のスター」と騒がれた。また平成5年には入団7年目という異例の早さでトップになり、「風と共に去りぬ」のレット・バトラー役などで圧倒的な人気を集めた。《共同通信》



12月26日のできごと