令和1158日目

2022/07/02

この日のできごと(何の日)

【KDDI】通信障害

KDDI(au)は2日、午前1時35分ごろから携帯電話の音声通話やデータ通信が利用しづらくなる通信障害が発生したと明らかにした。原因や影響を受けた利用者の数は調査中だが、影響は全国に広がっており、復旧作業を急ぐ。

KDDIによると、正午時点でも障害が継続。格安ブランドの「UQモバイル」や「povo」の携帯電話もつながりにくい状況となった。KDDIの回線を借りている楽天モバイルや、格安スマホ事業者のJCOMなどの回線にも影響が出た。

また宅配便大手ヤマトHDは2日、ネット上で配送状況などを確認するシステムで、最新の状況が更新されなくなったと明らかにした。《共同通信》

全国的にKDDI(au)の携帯電話などで通信障害が発生した2日、家族らへの連絡が滞ったり、故障を疑って携帯ショップを訪れたりする人が続出し、日常生活に大きく影響した。久しぶりに電話ボックスに駆け込んだという人もいた。

東京・新橋のauショップは、店頭に通信障害を知らせる張り紙をした。スタッフによると、午前中だけで5人ほどが来店し「携帯がつながらない」「壊れたかもしれない」との相談があった。

昼過ぎには新橋駅近くの電話ボックスに、すしの出前中という男性の姿があった。もうすぐ到着するとの客への連絡を終え「配達先の近くに公衆電話があって助かった」と汗を拭った。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【長野県上田市】38.8度

日本列島は2日も東日本から西日本を中心に広く高気圧に覆われ、長野県上田市で日中の最高気温が38.8度に達するなど各地で厳しい暑さとなった。3日も高温が見込まれ、気象庁は熱中症対策を呼びかけている。

最高気温は他に京都市中京区で38.6度、福島県伊達市で38.4度、鳥取市で38.3度、前橋市で38.2度など。

2日に発生したKDDI(au)の通信障害のため、気象庁は地域気象観測システム(アメダス)のデータの一部を受信できず、実際の気温は分からなくても猛暑となった観測点がありそうだ。《共同通信》

【JERA・千葉火力発電所】火災

東京電力グループと中部電力が出資する発電会社JERA(ジェラ)は2日、千葉火力発電所(千葉市)の3号機の一部で同日昼に火災が発生したと発表した。けが人はおらず、既に鎮火しているが、出力50万キロワットの発電機が停止中だとしている。需要が落ちる土日は電力需給への影響は限定的で、平日の4日に関しても、前々日に注意喚起する「需給逼迫準備情報」は東京電力管内では2日夕時点で出ていない。

電力会社間の電力融通を担う「電力広域的運営推進機関」の担当者は「足元の土日については直ちに全体の需給への影響はない」と説明した。

【プロ野球・2日】

ロ3―1楽

ロッテが4連勝した。0―1の五回に岡のスクイズで追い付き、八回2死満塁から小川の押し出し四球と暴投で2点を勝ち越した。3番手のオスナが2勝目を挙げ益田は19セーブ目。楽天は救援の鈴木翔が崩れ、打線も振るわず3連敗。

西2―3ソ

ソフトバンクが逆転勝ちで40勝に到達した。1―2の九回2死二、三塁で中村晃が2点適時打を放ち試合をひっくり返した。又吉が3勝目。西武は5連勝でストップ。同点の八回に源田のソロで勝ち越したが、増田が踏ん張れなかった。

日5―0オ

日本ハムは伊藤が5安打に抑え、今季2度目の完封で6勝目を挙げた。一回に内野ゴロの間に先制し、六回には代打上川畑が2点二塁打。七回に宇佐見のソロなどで加点した。オリックスの山本が七回途中5失点で4敗目。

中2―5神

阪神が先手を取って攻め、連敗を4で止めた。三回に島田の適時打と大山の3点三塁打で4点を先取。2点差とされた直後の八回はスクイズで加点した。伊藤将は無四球と安定感があり、7回を2失点で5勝目。中日は反撃が遅かった。

元プロ野球選手の清原和博さんが始球式を行った。中日のユニホーム姿で登場しマウンドの前からワンバウンドで捕手のミットに。拍手に包まれ「グラウンドに降りることなんか一生ないと思っていた。感動した」としみじみと語った。

記念球に大阪・PL学園高の後輩で親交の深い中日の立浪監督にサインを入れてもらったという。機会を与えてくれた中日に「まずは勝率5割を目指して。選手は思い切ってプレーしてほしい」とエールを送った。(バンテリンドーム)

広2―0巨

広島がサヨナラ勝ち。0―0の九回無死一塁からマクブルームが2点本塁打で試合を決めた。森下が8回11奪三振と力投し、ケムナが2勝目。巨人は3連敗で勝ち越しがなくなった。逸機を重ね、菅野の7回無失点の好投をふいにした。

ヤ2―1D

ヤクルトが延長十回サヨナラ勝ち。0―1の八回に塩見の適時打で追い付き、十回1死満塁から塩見の三塁への適時打で勝負を決めた。4番手の清水が5勝目。DeNAは浜口の八回途中1失点の好投を生かせず、連勝が4で止まった。

セ・リーグは2日、首位ヤクルトが、自力優勝の可能性が残っていた4位DeNAに延長十回、2―1でサヨナラ勝ちし、リーグ2連覇へのマジックナンバー「53」が初点灯した。1965年の南海(現ソフトバンク)の7月6日を上回り、セ、パ両リーグ史上最速の点灯となった。

ヤクルトは残り67試合でDeNAとの直接対決14試合に全敗しても53勝すれば、DeNAが残り71試合に全勝しても勝率が上回る。《共同通信》

【J1】

明治安田J1第19節(国立競技場ほか=9試合)首位の横浜Mはレオセアラの3得点などで清水を5―3で下してJ1通算500勝目を挙げ、5連勝で勝ち点40とした。鹿島は2―1で柏に競り勝って同37。川崎はC大阪に1―2で逆転負けを喫し、首位との勝ち点差は6に広がった。

広島は3―0で磐田に快勝し、京都は2―1で札幌を破った。監督交代に踏み切った最下位の神戸は、武藤の2得点で鳥栖に2―0で勝利。FC東京―福岡、G大阪―浦和、湘南―名古屋は引き分けた。《共同通信》

【COVID-19】

国内新規感染2万4904人

国内で2日、新たに2万4904人の新型コロナウイルス感染者が確認された。1週間前と比べて約8千人増えた。内訳は東京3616人、大阪2545人、神奈川1749人、沖縄1695人など。島根は過去最多の424人だった。

死者は神奈川で3人など計11人の報告があった。また厚生労働省によると、全国の重症者は55人で前日から3人増加した。

過去に公表された感染者について、大阪などで取り下げがあった。《共同通信》

【香港沖】作業船沈没

香港メディアによると、香港の南西約300キロの海上で2日、中国の作業船が沈没した。3人が救助され、30人近くが行方不明となった。台風3号の接近で天気が荒れていたという。

沈んだのは洋上風力発電の関連工事をする船で、全長が約200メートルある。船体が二つに割れたとみられる。香港当局が捜索している。《共同通信》

【ウクライナ侵攻】

ロシア、東部州の拠点制圧主張

ロシアが完全掌握を目指すウクライナ東部ルガンスク州で、ウクライナ軍の最後の防衛拠点リシチャンスク市を巡り、親ロシア派「ルガンスク人民共和国」部隊のマロチコ報道官は2日「市政を完全に支配下に置いた」と主張した。一方、ウクライナ国家親衛隊の幹部は地元メディアに「周囲で激戦が続いているが、市は包囲されておらず、ウクライナ軍の支配下にある」と語った。

ロシアは東部ドンバス地方(ルガンスク、ドネツク両州)の全域支配を目指しており、リシチャンスク市を陥落させてルガンスク州全域を制圧すれば、ドネツク州への攻勢を強めるとみられる。《共同通信》

【MLB】

米大リーグは2日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はヒューストンでのアストロズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、4打数無安打だった。チームは1―9で大敗した。

パドレスのダルビッシュはドジャース戦に先発し、一回に3本塁打を浴びるなど6回8安打5失点で、4敗目(7勝)を喫した。チームは2―7で3連敗。



7月2日 その日のできごと(何の日)