2016 平成28年9月10日(土)のできごと(何の日)

平成10108日目

2016/09/10

【プロ野球・広島】25年ぶり7度目のリーグ優勝

プロ野球セ・リーグの広島が10日、25年ぶり7度目のリーグ優勝を果たした。優勝へのマジックナンバーを「1」として迎えた東京ドームでの巨人戦を鈴木の2打席連続本塁打などで6―4で制した。

広島は1991年を最後に、12球団で最も長く優勝から遠ざかっていた。今季はベテランと若手が一体となり、6月にチーム32年ぶりの11連勝を飾るなど夏場以降は独走態勢に入っていた。《日経新聞》

黒田も新井も泣いていた。広島で優勝する。そのために黒田はヤンキースから、新井は阪神から、8年ぶりに復帰したのが15年。2年目でついに念願の頂点に到達した。

優勝を決めナインがもみくちゃになる中、流れる涙を抑えきれず、がっちりと堅く抱き合って喜び合った名球会コンビ。緒方監督の後に、ナインは黒田を胴上げ。涙を隠すように顔を覆った右腕は5度宙を舞った。さらに「俺はいいよ」とばかりに遠慮する新井も背中を押されて胴上げされた。

この日NHK総合の中継で解説を務めた球団OBの大野豊氏は「この日を待っていた。カープOBの1人として言わせていただきますけれども」と感無量だった。《スポニチ》




【WBC世界スーパーフライ級タイトル戦】ローマン・ゴンサレス選手が4階級制覇

Embed from Getty Images

プロボクシングのWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は10日、米国のロサンゼルスで行われ、挑戦者でWBCフライ級王者のローマン・ゴンサレス(29=ニカラグア)が王者のカルロス・クアドラス(28=メキシコ)を3―0の判定で下し、4階級制覇を達成した。

スコアは117―111、116―112、115―113。終始アグレッシブなボクシングを展開したゴンザレスが、試合巧者のグアドラスとの無敗対決を制した。これで、ニカラグア人として初の4階級制覇を達成。祖国の英雄アレクシス・アルゲリョが超えられなかった4階級の壁を”チョコラティート”が打ち破って見せた。

この結果、ゴンザレスの戦績は46戦全勝38KO。一方、キャリア初黒星となったグアドラスは37戦35勝(27KO)1敗1分。《スポニチ》

【天皇皇后両陛下】山形県入り

天皇、皇后両陛下は10日、第36回全国豊かな海づくり大会に出席するため、山形県に入った。12日まで滞在する。

10日は鶴岡市の市立加茂水族館を視察。同館はクラゲの展示で知られ、両陛下は世界最大級のクラゲ大水槽などを見て回った。クラゲは生育が難しく、何度か全滅したとの説明に、天皇陛下は「苦心が生きてよかったですね」と話した。《朝日新聞》

9月10日/のできごと

シェアする

フォローする