平成10029日目

2016/06/23

【沖縄全戦没者追悼式】安倍首相に罵声

沖縄県糸満市の平和祈念公園で23日に開かれた沖縄全戦没者追悼式では、出席した安倍晋三首相に対し、先の大戦末期の沖縄戦で亡くなった戦没者への「慰霊」とは全く関係のない罵声が飛び交った。


https://www.kantei.go.jp/

首相はあいさつで、沖縄県にある米軍基地の負担軽減に引き続き取り組む考えを示したが、会場内から「本当にそう思っているのか」とヤジが飛び、首相があいさつを終えると、「帰れ!」との怒鳴り声もあった。また、沖縄県うるま市の女性会社員が元米兵に暴行、殺害された事件に言及した際には、「お前がやったんだろ」と意味不明な罵声も飛んだ。

しかし、こうした怒声は数回あっただけで、首相があいさつを終えて退く際には少なくない拍手が送られた。前回平成27年の追悼式でも、「さっさと帰れ」「嘘を言うな」などの罵声が上がった。《産経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【シャープ】株主総会で鴻海傘下入り承認

シャープ(6753)は23日、大阪市で株主総会を開催した。台湾の鴻海精密工業の傘下入りや本社移転など6つの議案を諮り、全議案が承認された。

株主総会は午前9時半に始まり、まず高橋興三社長が2016年3月期の2期連続の最終赤字や4期連続の無配について「株主の皆様の期待に応えることができず、おわび申し上げる」と陳謝した。そのうえで「鴻海との戦略的な提携により、必ずや早期の黒字化、経営再建を果たせる」と株主に理解を求めた。

鴻海傘下入りを巡っては、株主から「鴻海の出資条件には納得いかない」といった不満が出た。経営陣は「資金の確保や提携によるシナジー効果の観点で鴻海の支援を受けるのがベスト」(橋本明博取締役)と説明した。鴻海が検討している7000人規模の人員削減についての質問には「現時点で決まった事実はない」としつつ、「早期の黒字化に向け、グローバルベースでの人員適正化を検討する必要は当然ある」(橋本取締役)と答えた。株主からは鴻海傘下での経営再建に期待する意見も出た。低迷する株価に関しては「1円でも2円でも上げてほしい」との声もあがった。《日経新聞》

【英国】EU離脱是非を問う国民投票

英国で23日、欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う国民投票が行われた。最新の世論調査では離脱支持と残留支持が拮抗(きっこう)しており、大接戦のまま投票日を迎えた。離脱となれば世界の経済の波乱要因になるほか、EUの弱体化に結びつく可能性もあり、世界から注目が集まっている。

投票は23日午前7時(日本時間午後3時)から午後10時(同24日午前6時)まで行われ、24日朝(同日午後)にも大勢判明の見通しだ。

運動最終日の22日、キャメロン首相は保守党のメージャー元首相や労働党のブラウン前首相とともに、バスで中部バーミンガムなど地方都市を回り、「より安全に、より豊かになる英国のため残留に投票しよう」と呼びかけた。労働党のコービン党首もカーン・ロンドン市長と同市内で残留に投票するよう労働党支持者らに説いた。

これに対し、離脱派の代表格であるジョンソン前ロンドン市長は、今回がEUから主権を取り戻す最後のチャンスだとして、「民主主義のため、明日を英国の“独立記念日”にしよう」と訴えた。《産経新聞》

【国民生活センター】包茎手術について注意呼びかけ

国民生活センターは23日、包茎手術について、不安をあおられ高額な施術を強引に勧められたり、手術後に痛みが続いたりするなどの相談が相次いでいると注意を呼びかけた。全国の消費生活センターなどが受けた包茎手術に関する相談は2011年度から15年度の5年間で1092件あり、10~30代からの相談が大半を占める。

相談内容として、広告で手術費用が5万~10万円と掲載されていたのに、病院で「安い手術だと汚い仕上がりになる」などと説明され、50万~100万円以上の高額な施術を勧められ、その日のうちに契約し、手術してしまった、といった例が目立つという。

手術によって痛みや腫れのほか、大量に出血したり、組織が壊死(えし)したりしたという術後をめぐる相談もあった。センターは過去に手術を受けた150人にもアンケートし、約4割が施術後に何らかの不安や不満、不具合を感じていると回答した。《朝日新聞》

【鹿児島県知事選】告示

任期満了に伴う鹿児島県知事選が23日告示され、新人で元テレビ朝日コメンテーターの三反園訓氏(58)と、4選を目指す現職の伊藤祐一郎氏(68)の無所属2人が届け出た。参院選と同じ7月10日に投開票される。

伊藤氏による県政運営の継続の是非が主な争点。国内で唯一稼働している九州電力川内原発を巡る議論も焦点となる。

伊藤氏は自民、公明両党県議団の支援を受ける。県財政を改善させた実績を掲げる。川内原発については安全性を強調している。

三反園氏は民進、社民両党が後押し。伊藤氏の多選を批判。川内原発は一時停止して熊本地震の影響を点検するとしている。《共同通信》

【参院選】公示2日目

参院選公示2日目を迎えた23日、与野党幹部は各地の街頭などで支持を訴えた。自民党の谷垣禎一幹事長は消費税増税の再延期に関し、当初の2017年4月から2年半後の税率10%への引き上げが必要との認識を示した。民進党の岡田克也代表は、再延期により社会保障政策の充実が見送られたと批判した。

谷垣氏は神奈川県藤沢市での街頭演説で、再延期に関し「経済をしっかりさせ、皆さんから安心して消費税をいただけるように持っていかないといけない」と強調。同時に「社会保障の財源をどうするのか心配な人もいる」と述べ、将来の増税に理解を求めた。

岡田氏は青森県十和田市で、再延期により低年金の高齢者らに対する年額6万円の給付金が導入できないとして「本当に必要な政策は進めていくべきだ。財源がないというが、公共事業の予算がなぜ削れないのか」と訴えた。同県七戸町の講演でも同様の主張を繰り広げた。

共産党の志位和夫委員長は千葉県習志野市の演説で「消費税頼みの道は失敗がはっきりしたから(税率)10%への引き上げは先送りではなく、きっぱり断念すべきだ」と迫った。

公明党の山口那津男代表は大阪市での演説で、野党が改選1人区の候補を一本化したことに関し「政策が一致しておらず、責任ある政治の姿ではない。政治を任せられない」と強調した。《共同通信》

【サッカー・香川真司選手】長友選手を「うらやましい」

男子サッカー日本代表で、ドイツ1部リーグのドルトムントに所属する香川真司が23日、東京都内で行われた時計メーカー「タグ・ホイヤー」のイベントに登場した。

同社から贈られた新製品に「スーツでもジャージーでも付けたい」と興奮気味。このオフには、中学校時代の友人と東京ディズニーシーへ出掛け、ミッキーマウスのかぶり物とサングラスを身に付けて場内を散策したといい、「夢の世界と感じた」と満喫した様子だ。

仲の良い日本代表の同僚、長友佑都選手が交際中の女優を「僕のアモーレ(愛する人)」と呼んだことについて、「時の人ですからね。うらやましいです」と話したが、自身のアモーレについて問われると「タグ・ホイヤー(時計)をアモーレにしたいと思います」と明言を避けた。

【インドネシア・ジョコ大統領】南シナ海訪問

インドネシアのジョコ大統領は23日、南シナ海南端の同国領ナトゥナ諸島沖を閣僚数人らと共に訪問した。同諸島沖で中国漁船による違法操業が相次いでいることを受けた措置の一環。

インドネシア軍は同諸島沖に軍艦5隻と軍用機を22日までに派遣したばかり。大統領自らが訪問することで、同諸島がインドネシア領であることを強調し、中国をけん制する狙いだ。

ジョコ大統領に同行したのは、ルフット調整相(政治・治安)やルトノ外相、スシ海洋・水産相、国軍のガトット司令官ら。《共同通信》



6月23日 その日のできごと(何の日)